大統領選は「米国版さとり世代」次第で動く! なぜ彼らは民主党リベラルを推すのか?

印刷
A
A

ピュー研究所の調べでは、2013時点で米国では上位1%の富裕層が米国の富の4割、上位10%が8割近くを占めています。一方、富裕層の収入は中流層の7倍、下流層の70倍にもなりこの格差は史上最大です。

また富裕層の年収が過去30年間で平均で2倍以上になっているのに比べ、中流層はわずか2%の増加にすぎず、下流層に至っては収入が8%減少しています。格差ははっきりと広がっているのです。

日米の若者の間にある「差」

ここで注目なのは世代間の格差です。80年代、65歳以上が率いる家庭の資産価値は35歳以下による家庭の10倍でした。ところが2011年現在はなんとそれが26倍まで開いている。世代と世代の格差が急激に広がっている。もっとハッキリ言うと若い世代が貧しくなっているのです。

以前の記事でもお伝えした通り、若者の就職氷河期が続き、スチューデントローンの重圧と戦う彼らは、現代の米国で最も貧しい世代です。こうなると老後も自分だけの力だけではどうにもならない。ということで、これまでのような一部の突出した富裕層が支配する社会ではなく、もっと公平に富の再分配がなされる社会を望んでいるのです。そんなミレニアルズはおのずとリベラル、民主党よりになっていきます。

日本のさとり世代も、世代論的に見れば、上の世代よりも間違いなく恵まれない世代です。しかし、安保法案への抗議活動などを活発化させる学生団体SEALDs(シールズ)など一部で動きが出る一方で、全体としては投票率などを見ても、政治的無関心な状況が続いている、と言えます。しかし、日本以上に格差が激しく、守られていない米国のミレニアルズたちは、自分の身を守るために、リベラルを支持するようになってきています。

同じさとり世代でも、この点に大きな日米の違いがあると言うことができます。そしてこの傾向をより強くしている、日本からは見えにくい非常に重要なファクターが「人種」です。これらついては、次回の記事で掘り下げていきたいと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT