なぜ若者たちはこぞって「花畑」に行くのか?

変化する「リア充」アピール

また、注目したい事柄として、冬~春の季節に、上述のような若者にとっての魅力的なロケ地が存在しないことが挙げられる。晩春にはネモフィラ、初夏にはあじさい、夏にはひまわり、秋にはコスモス畑の写真が流行していたが、冬~春にはこれといって代表的なものはない。

冬にはイルミネーション、春には桜も人気がありそうなものだが、これらをプロフィール写真のロケ地として選んでいる若者はほとんど見かけない。

前者は、顔が暗く映るためプロフィール画像には不向きだと考えられる(花火大会の写真をプロフィールにする若者が少ないのも、「暗い」という要素が足を引っ張っているのかもしれない)。後者については、SNSのプロフィール画像の形が「正方形」であることが関連しているかもしれない。

限られた小さな四角の中で、季節感を出し、かつプロフィールとして顔がわかるようにするためには、「自分の背丈以下のものに囲まれている」ことも大事な条件のひとつだと言えるだろう。桜のような背丈を超える大きな木は、一緒に写真を撮るうえで難易度が高いと考えられる。

季節感を大切にする若者は、冬~春にかけての空白のシーズン、何か新しいものを欲している。上述のような、若者のプロフィール写真ロケ地に対するニーズにあった空間を提供できれば、きっと若者たちの心を掴めるはずだ。

原田の総評:その他の「自然写真」もきっと増える

さて、ひたすら自然を求め、花畑に行くようになっている今時の若者たちの実態はいかがでしたでしょうか?

いま多くの若者が“リア充写真”をSNS上に掲載するようになり、それとの差別化として、これまでとは真逆の「自然」というものが選択されるようになっているのでしょう。

その中でも花はカラフルですし、最も写真映えするものとして選択されているのかもしれません。

就活へのストレス、女子力男子の増加による理由、という理由はユニークですが、納得できる方も多いのではないでしょうか。今後、花にかぎらず、ほかの「自然」も若者たちのSNS上の写真に選ばれていくことになるかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT