毎日がお誕生日会?若者たちのすごい「日常」

あっと驚くサプライズは当たり前

今の若者たちはとにかくサプライズが大好きですが…(写真:msv / PIXTA)

こんにちは。原田曜平です。

日々若者と接する中で感じるのですが、今の若者たちはとにかくサプライズが大好きです。

上の世代の男性にはちょっと信じられない方もいるかもしれませんが、男の子同士でも互いの誕生日をサプライズでお祝いしたりするのがごく当たり前の出来事になっています。それを助けるカウントダウンアプリなるものまで流行っていたりします。

今回は、若者研究所の現場研究員たちが、そんな若者の「サプライズ」事情について解説してくれます。

若者たちの「サプライズ事情」

今回レポートをしてくれる4人。写真は左から、塩田修大(慶應義塾大学4年)、柳川夏美(中央大学2年)、 中山駿(青山学院大学3年)、飯塚瑛子(学習院大学3年)

友人の誕生日会や彼女との記念日などに何かしらの“サプライズ”を行った経験のある方は多いと思う。具体的には、『みんなでケーキをプレゼントする』『思い出フォトアルバムを作成する』などが一般的だったのではないだろうか。

しかし、近年、若者たちの間では、従来とは一味違ったサプライズ現象が起きている。今回は、それらについてレポートする。

カウントダウンアプリで自らアピールする若者

近頃の若者の間では、誕生日をまもなく迎える人が、周囲に対して誕生日をアピールする現象が増えつつある。

Aさんの事例を見てみよう。Aさんは都内の大学に通う女子大生である。

彼女は、アプリを用いて、自分の誕生日のカウントダウンを行っていた。具体的にはDreamdaysという、カウントダウンアプリを使っていた。これは自分が設定した日まで、あと何日かを教えてくれる機能が付いているものである。

彼女は、これを用いて、周囲の友人に対して、誕生日100日前から周囲にアピールを行っていたのだ。実際このようなアプリは、自らの誕生日を告知するため、また恋人との記念日を設定してお互いに祝うためなど、若者の間でさまざまな用途で使用される機会が増えている。

dreamdaysのインストール画面
カウントダウン画像をTwitterに投稿した時の写真

ちなみにAさんは、ご紹介したカウントダウンアプリ以外にも、Twitter上で、自分の誕生日に関する情報を定期的につぶやいていたそうだ。

Twitterへの投稿

次ページ祝われないというリスクを避けるために・・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。