「女性は子を2人以上」校長発言に透ける危険

あなたの「べき論」は暴走していないか

大阪市の中学校校長の発言が波紋を呼んでいます(写真:enterFrame / PIXTA)

少し間が空いてしまいましたが、前回は大相撲で大活躍中の琴奨菊関の感情コントロール法を取り上げ、私たち自身も簡単にあきらめないために、どのような思考が有効かを考えました。

さて今回は、大阪市立の中学校校長(61歳)が、全校集会で「女性にとって最も大切なことは、子どもを2人以上産むこと」などと発言したことを考えてみたいと思います。目下、報道番組やネット上で「女性蔑視」と批判されていますが、こういった問題発言を防ぐ手立てを、アンガーマネジメント的に検討してみましょう。

理想と現実のギャップが生じさせる「怒り」

この連載の過去記事はこちら

「女性にとって最も大切なことは、子どもを2人以上産むこと」「仕事でキャリアを積むこと以上に価値がある」。全校生徒に向けられた校長の発言は、今月初め、市教育委員会への匿名の電話で発覚しました。教育委員会はこれらを「不適切な発言」として、なんらかの処分を検討しているそうです。

これに対し、校長は「生徒や保護者から直接おかしいという声は届いていない。私の発言で傷ついた生徒がいたなら真意をきちんと説明する」と述べました。また、「子育て後、大学で学び専門職に就けばいい」とも発言、これについては「出産や子育て後も学び直しはできる。女性がキャリアアップで不利にならないようにすべきだ」と話したそうです。

ここにも登場しました、この連載で繰り返し取り上げている「べき論」。理想を実現しなければならないと強く主張する論調のことです。

私たちは、さまざまな「べき論」を持っています。例えば、会社はこうあるべき、子ども(親)はこうあるべき、部下(上司)はこうあるべき、女(男)はこうあるべき、サービスはこうあるべき、教育はこうあるべき、話し方はこうあるべき……など、挙げたらキリがありません。

こうした「べき論」と、目の前で起きている事実・現実との間にギャップがあると、怒りの感情となって表れる。これまでもそう説明してきました。

次ページ教師の「べき論」に功罪あり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT