「女性は子を2人以上」校長発言に透ける危険

あなたの「べき論」は暴走していないか

大阪市の中学校校長の発言が波紋を呼んでいます(写真:enterFrame / PIXTA)

少し間が空いてしまいましたが、前回は大相撲で大活躍中の琴奨菊関の感情コントロール法を取り上げ、私たち自身も簡単にあきらめないために、どのような思考が有効かを考えました。

さて今回は、大阪市立の中学校校長(61歳)が、全校集会で「女性にとって最も大切なことは、子どもを2人以上産むこと」などと発言したことを考えてみたいと思います。目下、報道番組やネット上で「女性蔑視」と批判されていますが、こういった問題発言を防ぐ手立てを、アンガーマネジメント的に検討してみましょう。

理想と現実のギャップが生じさせる「怒り」

この連載の過去記事はこちら

「女性にとって最も大切なことは、子どもを2人以上産むこと」「仕事でキャリアを積むこと以上に価値がある」。全校生徒に向けられた校長の発言は、今月初め、市教育委員会への匿名の電話で発覚しました。教育委員会はこれらを「不適切な発言」として、なんらかの処分を検討しているそうです。

これに対し、校長は「生徒や保護者から直接おかしいという声は届いていない。私の発言で傷ついた生徒がいたなら真意をきちんと説明する」と述べました。また、「子育て後、大学で学び専門職に就けばいい」とも発言、これについては「出産や子育て後も学び直しはできる。女性がキャリアアップで不利にならないようにすべきだ」と話したそうです。

ここにも登場しました、この連載で繰り返し取り上げている「べき論」。理想を実現しなければならないと強く主張する論調のことです。

私たちは、さまざまな「べき論」を持っています。例えば、会社はこうあるべき、子ども(親)はこうあるべき、部下(上司)はこうあるべき、女(男)はこうあるべき、サービスはこうあるべき、教育はこうあるべき、話し方はこうあるべき……など、挙げたらキリがありません。

こうした「べき論」と、目の前で起きている事実・現実との間にギャップがあると、怒りの感情となって表れる。これまでもそう説明してきました。

次ページ教師の「べき論」に功罪あり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT