「人をたてる」名人になれば万事うまくいく!

キーワードは「自己重要感」だった

他人よりも優位に立ちたい?自己重要感は誰にでも備わっている本能的欲求(写真 : hin255 / PIXTA)

「自己重要感」は誰にも備わっている本能

「起業家として成功を収める」「出世して部長に昇進する」「高級マンションの高層階で暮らす」……人は心の中にいろいろな願望を秘めているものです。

その願望をさらに詳しく見てみると、次のような感情が働いています。

「起業家として成功して、まわりの人たちに実力を認めてもらいたい」

「部長に昇進して職場の重要な存在となり、敬われたい」

「高級マンションで暮らして、周囲の人たちの羨望の的になりたい」

これらの感情に共通しているのは、「他人よりも優位に立ちたい」という欲求です。20世紀のアメリカの自己啓発作家であり、人間関係学の大家でもあるデール・カーネギーは、これを「自己重要感」と名づけました。自己重要感は誰にでも備わっている本能的欲求であり、人間はそれが満たされた時、このうえない幸せを感じる生き物なのです。

次ページ人間関係をスッキリさせるコツとは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT