「人をたてる」名人になれば万事うまくいく!

キーワードは「自己重要感」だった

他人よりも優位に立ちたい?自己重要感は誰にでも備わっている本能的欲求(写真 : hin255 / PIXTA)

「自己重要感」は誰にも備わっている本能

「起業家として成功を収める」「出世して部長に昇進する」「高級マンションの高層階で暮らす」……人は心の中にいろいろな願望を秘めているものです。

その願望をさらに詳しく見てみると、次のような感情が働いています。

「起業家として成功して、まわりの人たちに実力を認めてもらいたい」

「部長に昇進して職場の重要な存在となり、敬われたい」

「高級マンションで暮らして、周囲の人たちの羨望の的になりたい」

これらの感情に共通しているのは、「他人よりも優位に立ちたい」という欲求です。20世紀のアメリカの自己啓発作家であり、人間関係学の大家でもあるデール・カーネギーは、これを「自己重要感」と名づけました。自己重要感は誰にでも備わっている本能的欲求であり、人間はそれが満たされた時、このうえない幸せを感じる生き物なのです。

次ページ人間関係をスッキリさせるコツとは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT