「人をたてる」名人になれば万事うまくいく!

キーワードは「自己重要感」だった

他人よりも優位に立ちたい?自己重要感は誰にでも備わっている本能的欲求(写真 : hin255 / PIXTA)

「自己重要感」は誰にも備わっている本能

「起業家として成功を収める」「出世して部長に昇進する」「高級マンションの高層階で暮らす」……人は心の中にいろいろな願望を秘めているものです。

その願望をさらに詳しく見てみると、次のような感情が働いています。

「起業家として成功して、まわりの人たちに実力を認めてもらいたい」

「部長に昇進して職場の重要な存在となり、敬われたい」

「高級マンションで暮らして、周囲の人たちの羨望の的になりたい」

これらの感情に共通しているのは、「他人よりも優位に立ちたい」という欲求です。20世紀のアメリカの自己啓発作家であり、人間関係学の大家でもあるデール・カーネギーは、これを「自己重要感」と名づけました。自己重要感は誰にでも備わっている本能的欲求であり、人間はそれが満たされた時、このうえない幸せを感じる生き物なのです。

次ページ人間関係をスッキリさせるコツとは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT