人間関係がうまくいかない人は「論語」を読め

「こんな会社、辞めてやる」と思う人への格言

ヤケを起こす前にもう一度、冷静に考えてみましょう(写真:KY / PIXTA)

今年も、人事異動や配置転換の季節が近づいてきました。思わぬ辞令を受け、「こんな会社、やめてやる!」と思う方もいるかもしれません。この時期にかぎらず、働いていると、不満や悩みを抱えるもの。その多くは人間関係が原因といわれています。

「子、曰わく~」で始まる言葉、学生時代に聞いたことのある方も多いでしょう。中国古典の中でも指折りの名著といえる『論語』。2500年前から今に至るまで『論語』が経営者やビジネスマンに愛読されるのには、理由があります。仕事や人間関係によく効く「名言」の宝庫だからです。拙著『まんがでわかる論語』(あさ出版)でも解説しているのですが、今も昔も、基本的な悩みは同じ。先人に状況を打開するアドバイスをもらいましょう。

歴史に残るリーダーにも「ちっぽけな悩み」があった

「西の聖書、東の論語」といわれるように、東洋では古くから基本的な教養書とされ、日本でも、古くは国づくりの祖ともいえる聖徳太子や250年以上続く泰平の江戸時代を築いた徳川家康、日本近代化の転換期に活躍した坂本龍馬や吉田松陰など、国を変えていった偉人たちがバイブルとしていました。

そんな話を聞くと「そんな大きな話じゃない」「もっと小さな悩みだし」と思うかもしれません。しかし、時代を動かしたリーダーも、『論語』の孔子自身も、私たちと同じように人間関係の小さな悩みをたくさん抱えていました。

たとえば、この言葉。

「如之何(いかん)、如之何と曰わざる者は、吾(わ)れ如之何ともすること末(な)きのみ」(衛霊公第15-16)

「どうしようと言わない人は、どうしようもないねぇ」。こんな孔子のぼやきが聞こえてくるようです。

あなたにも、業務やプロジェクトが行き詰まり、困った状況になっても、「どうしたらいいですか?」とも聞いてこない部下や後輩がいるかもしれません。孔子も同じようなことで悩んでいました。

次ページ部下や後輩を批判する前に・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。