琴奨菊の勝因は「重層的メンタル采配」にある

「琴バウアー」だけじゃない!妙策の数々

琴奨菊を優勝に導いたメンタル術とは?(写真:日刊スポーツ / アフロ)

前回は、日本中に激震が走ったSMAPの解散騒動から、これまでと違う世界に踏み出すときにも、もと居た場所での信頼や友情を失わず再成長を図る方法について、アンガーマネジメント的思考を交えて検討しました。

さて今回は、先の大相撲初場所において、日本出身の力士として10年ぶりの優勝を果たし、日本中を熱狂させた琴奨菊関を取り上げます。

「琴バウアー」はすっかり有名になりましたが、こうした彼のさまざまな取り組みが、実に多くのアンガーマネジメントテクニックと絡んでいることをご紹介し、私たち自身も簡単に「あきらめない」ために、どのような思考が有効かを考えていきます。

「史上最スロー記録」の舞台裏

この連載の過去記事はこちら

相撲人気は2014年から回復基調にあるといわれています。同年の秋場所では、若貴全盛時代の1996年以来18年ぶりに14日間の満員御礼を記録、年6場所合計の大入りは58日間となり、1997年(77日間)以来の多さとなりました。

人気回復の牽引役になったのは遠藤関や逸ノ城関といったニューヒーローたちでしょうが、それでも何か物足りなさを感じてしまうのは、日本出身力士の優勝が2006年初場所の栃東関以来遠ざかっていたこと。そんな中で今回、琴奨菊関がみごと優勝を治め、日本中の相撲ファンをさらに湧かせてくれました。

琴奨菊関の31歳11カ月での初優勝は、年6場所制が定着した1958年以降3番目のの年長記録。さらに大関26場所目での初優勝は、昭和以降の新大関で「史上最スロー記録」とのことです。スロー記録となった裏には、右大胸筋断裂など度重なるケガがありました。11勝、12勝する場所もあれば、通算5回の大関カド番(その場所を負け越すと関脇に陥落する状況)を経験するなど、「気持ちをどこに向けていいのか分からないときもあった」というほど苦悩されたそうです。

しかし琴奨菊関はめげませんでした。たとえ注目がほかの力士に向いても、「男は黙って、シコ、テッポウ」と地道な稽古に励む一方、「琴バウアー」をはじめ、さまざまな新規的取り組みも講じてきました。実はこれら、アンガーマネジメントの理論背景と深く通じるところがあるのです。

次ページ「琴バウアー」に込められた本当の意味
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。