琴奨菊の勝因は「重層的メンタル采配」にある

「琴バウアー」だけじゃない!妙策の数々

書影をクリックするとアマゾン販売ページににジャンプします

選択、変化に勇気が必要なのはもっともで、この連載でも「変化ログ」「ミラクルデイエクササイズ」「セルフストーリー」といったアンガーマネジメントテクニックを取り上げ、自らの真情(目標)に向け揺るぎない努力をしていくことで、雑念(怒りやイライラのもと)を排していこうという取り組みを紹介してきました。

今回紹介するアンガーマネジメントテクニックは、「エクスターナライジング」という、やや変わった技法です。これは怒りを画像などにイメージしてみようという試みで、別称「怒りのイメージ化」「怒りの外部化」と呼ばれています。

「捨てる勇気」を持つために

怒りは感情であるため、形状はありません。このように怒りの現状を具体的に確認できないことも、怒りをコントロールしにくい理由のひとつです。そこで、怒りを画像イメージなどに視覚化し、コントロールするためのテクニックが用意されているのです。自分が変化を遂げたいとき、変化を躊躇させる雑念を排除したいときには、有効に使えそうですね。

次に、実際のやり方です。今ある雑念を想像し、仮に画像や立体にしてみるなら、どのようになるかをイメージ化します。色や形、大きさ、動き、発する音、質感、体感温度など、細かく細かく想像します。想像が膨らんでしっかり画像化(立体化)できたら、最後にその完成物(不要物)をゴミ箱へ捨ててスッキリさせることをゴールにしましょう。

これは特に、感性の鋭い右脳型の人に向いているテクニックですが、「選択」を阻む雑念があるときなど、「捨てる勇気」を持つために、ぜひ積極的にトライしてみてください。

アンガーマネジメントに興味を持たれたかたは、拙著『パワハラ防止のためのアンガーマネジメント入門』(東洋経済新報社)をご高覧ください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。