日々の「Why?」と上手に付き合う、心の健康術

「べき論」のぶつかり合い、どう乗り越える?

厚切りジェイソンさんのネタから学べる、感情コントロール法とは?(撮影:梅谷秀司)

前回は、お気楽なようで実は学ぶ事柄の多い蛭子能収氏の言葉を拾い、アンガーマネジメントの理論から検証しました。この記事の情報は、TBSテレビの番組でも取り上げられるなど、大きな反響をいただきました。

さて今回は、IT企業幹部兼お笑い芸人としてブレイク中、若者からの人生相談が著作『日本の皆さんにお伝えしたい48のWhy』(ぴあ)になり話題を呼んでいる厚切りジェイソンさんと、やはり漢字を題材にした少年院での授業が評判になり、『あっ!命の授業』(廣済堂出版)を書かれたゴルゴ松本さんの言葉を対比しながら、「解釈の衝突」をどんなふうに乗り越えていくべきか考えてみたいと思います。

終盤では、こういった状況へのアンガーマネジメントを用いた具体的アプローチも紹介しますので、最後までお付き合いください!

日本人もうなる、数々の「Why?!」

この連載の過去記事はこちら

師走の恒例行事である、その年の世相を表す漢字一文字。2015年は「安」でしたね。安倍政権下での安保関連法案の審議、世界で頻発するテロへの不安などが選ばれた理由です。

こうした「漢字」の意義に関して、高学歴のIT企業役員にして、ワタナベエンターテイメント所属の芸人であるアメリカ人・厚切りジェイソンさんが、非常に的確な疑問をいくつも呈しています。「Why Japanese People?!」のフレーズは、すっかりお馴染みにものになりました。

代表的なところでは、「なんで、ケモノを守ると書いて『狩』なのか?」「なんで、直線だらけの文字なのに『円』なのか?」「なんで、親を切るのに『親切』なのか?」。いずれも「なるほど」と頷くことばかりで、日本人の私たちでも説明できる人は多くない内容でしょう。

次ページ「親切」をゴルゴ松本が説明すると?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。