日々の「Why?」と上手に付き合う、心の健康術

「べき論」のぶつかり合い、どう乗り越える?

べき論は、すべて「正解」。少なくとも本人にとっては「正解」なのです。だからこそ、違うべき論を持った人間同士が気持ちよく過ごすには、相手のべき論を受け容れ、自分のべき論とすり合わせることが必要です。

受け容れたり、すり合わせたりする方法は、過去の投稿『クリスマスの「べき論争」』『正月の親子ゲンカ回避法』『モラハラ離婚を遠ざける技術』などで提示してきたところです。

新環境への「アジャスト」が飛躍の第一歩

べき論をすり合わせる以外にも、私たちには私たち自身が新たな環境に適応する努力が必要です。日本のプロ野球、アメリカのメジャーリーグで活躍された長谷川滋利さんは、異国で成功した理由として「アジャスト(調整・適応)しようと努力したこと」を挙げています。

日本のプロ野球で成功した外国人選手でも、横浜DeNAベイスターズの監督に就任するラミレスさんは、プレー以外の部分でも「日本流」にアジャストしたことが飛躍の要因となっているのではないでしょうか。

日本人に多くの「Why」を叫ぶ厚切りジェイソンさんだって、日本の生活様式へのたくさんの「アジャスト」があったからこそ、お笑いのネタとしてここまで昇華させることができたのだと想像します。

そして異文化とは、何も国家をまたぐことだけではありません。関東や関西といった地域間、会社と役所といった組織間、文系と理系、Aさんの家とBさんの家……。サイズの違いはあれど、私たちは生活の中で様々な「異文化」と出合い、その都度、円滑な対応を求められるのです。

会社や業界によっては「飲みに行きましょう」がほとんど社交辞令であったり、関西ではお好み焼きがご飯のおかずにもなったり、役所の仕事は圧倒的に書面主義であったり……。例を挙げていたらきりがありません。

こういった状況に速やかにアジャストするには、どんなコミュニケーションが有効なのでしょうか。

次ページ「大げさ」「決め付け」「過去系」を排除しよう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT