正月のいらぬ親子ゲンカをうまく避ける方法

怒鳴ってもなんの解決にもなりません

楽しくリラックスできるはずの正月なのに、怒鳴ってばかりなんてことはありませんか?(写真:田上明 / アフロ)

前回の「クリスマスの『べき論争』どう避ける?」では、クリスマスの過ごし方の価値観が合わないカップルを例に、意見の食い違いを技術的に解決していく方法について検討しました。今回も、時節的に、正月休みでのつまらぬ親子ゲンカを回避する方法を考えます。

いよいよ2014年も終わりに近づきました。新年は楽しく、晴れやかに迎えたいものです。正月休みは、普段忙しいビジネスパーソンも、故郷や自宅でゆっくり、家族と仲良く過ごしたいと考えている人が多いでしょう。

「なんで」は「どうしたら」に置き換える

しかしながら、子どももお年頃になると、親を煙たがることが増え、正月だというのに何かと理由をつけて家を空けることが多くなりますね。これが面白くない親は、ついイライラしがちです。そして、反射的かつオートマチック思考で声を荒げてしまうこともあるでしょう。

「なんでお前は家族の和を乱すんだ!」「お前はいつもそうだな!」「お前は絶対に父さんと向き合おうとしないな!」などとです。お心当たりのある方、いらっしゃいますね。

アンガーマネジメントは、「ソリューション・フォーカス・アプローチ(未来志向・解決志向)」で考えます。つまり上記のような場合は、「なんで」を「どうしたら」に置き換えるクセを付けましょう。どうしたら、「理想とする未来(ソリューション)」に近づけるのか、と考えるのです。

そもそも、この「ソリューション」は、親が「怒りきる」ことで得られるでしょうか。怒鳴ることで、子どもは親を受け容れるか? 逆効果で、より反抗的な態度が増すかもしれません。そうならないための「現実的・具体的解決策(後述)」を考えるようにしましょう。

次ページ怒りは身近なものに向かいやすい?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT