日々の「Why?」と上手に付き合う、心の健康術

「べき論」のぶつかり合い、どう乗り越える?

一方のゴルゴ松本さん、「親切」に関して、著書の中には以下のように説明している箇所がありました。

「『切』という漢字には『磨く』という意味もあります。ダイヤモンドを磨くとき、切って(カットして)いく。だから、切るは磨くなんです。大事なものを磨く、磨くように大切にする。『親を切る』と書いて『親切』。親を刃物で切りつけるんじゃありません。自分の親のように親しみをもって他人を大切にすることなんです」

上記の例は、単に知識として知っているにすぎないことかもしれませんが、「切磋琢磨」「大切」といった表現を日常的に使っているかどうかで、感覚的にも解釈の幅が変わってくるものでしょう。漢字に限らず、物事の解釈には生まれ育った環境・文化圏などが大きく影響します。そして、解釈論の違いが争いの種になることも、少なくありません。

すべての「べき論」は、本人にとっての正解

たとえば厚切りジェイソンさんは、テレビ番組などで「大皿に唐揚げが一つ残ったら、日本人は食べないよね? でも僕は食べるよ」といった「Why」を挙げ、「日本人は他人の目を気にしすぎる」「意思決定にものすごく時間がかかる」といった課題を提起しています。

ただ一方で、唐揚げを残す日本人にしてみれば、それは「謙譲の美徳」と感じられることかもしれません。ゴルゴ松本さんの本には、「日本人のスミマセンは、アリガトウと同じ。そこには、感謝と謝罪が一体となった日本人の心が一体となっているんです」と書かれています。

ジェイソンさんの考え、ゴルゴさんの考え、それぞれに意義があり、どちらも決して全否定されるべきものではありません。けれども、たとえば同じ会社内、チーム内に2つの「解釈」が混在するとき、それぞれの考えを否定し合ってばかりいては、生産性に悪影響を及ぼしかねません。

これまで何度も書いていますが、アンガーマネジメントでは、怒りの原因は私たちの持つ「べき論」が目の前で裏切られることである、と説明しています。誤解なきよう補足しておきますが、べき論を持つこと自体が悪いのではありません。べき論はその人の「信念」とも言え、その信念は目標を成し遂げるエンジンになるからです。

反面、信念は「期待値」でもありますから、目の前で起きた出来事と期待値との差が大きければ大きいほど、怒りとなって表れやすいわけです。

次ページまずは環境に「アジャスト」する技術を
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT