上司が「お気楽」なほど、組織は活性化する

優れたリーダーはゆるい管理で部下を伸ばす

部下をやる気にさせる「お気楽」上司のあり方とは?(イラスト:ふるはし ひろみ)
現場のスタッフは、尊敬できる上司と働くと、やる気や能力が高まります。しかし、尊敬できず、信頼できない上司のもとでは、持っている力の半分も発揮できません。つまり、尊敬される上司の存在こそが、部下の能力発揮につながり、他社に打ち勝てる職場づくりに繋がるのです。そこで、『正しい目標管理の進め方』の著者で目標管理の達人である中嶋哲夫氏が、部下から尊敬される優れた課長の条件を説明します。

 

前回に続き、某企業の販売課・宇貝課長の話は止まりません。カフェも混んできましたが、宇貝課長には、それも見えないようです。

私の管理は無意味なの(泣)

宇貝の悩み①:PDCAサイクルが回らない

多くの企業に目標管理を導入・運用し、各社の業績を高めた著者が、イラスト、図表を交え、究極の「目標管理」を解説する(無料の出前勉強会はこちらをご覧ください)

宇貝:話が後戻りしますが、ムチを当てて向かうべき方向に走らせる馬車の馭者と、方向づけをしてリズムに乗る御輿の乗り手の例え、面白いですね。ウチの山田部長は御輿に乗ってるんですね。

中嶋:多分、担ぎ手のことを考えながらね。

宇貝:そうすると、課のなかでPDCAサイクルが回らないのは、私がムチをあてるからですかね。

中嶋:そうだろうねぇ。プランはみんなで作っても、チェックを君だけがやっているのではね。計画作りでは御輿に乗って方向づけをするが、チェックではムチを当てている。部下からすれば、その矛盾に戸惑い、どっちが本音かと思うだろうね。

次ページ「チェック」をすべきなのは誰?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT