上司が「お気楽」なほど、組織は活性化する

優れたリーダーはゆるい管理で部下を伸ばす

宇貝の悩み③:一生懸命やったのに

宇貝:私の頭の中に「?」マークがいっぱいになってきました。でも私なりに一生懸命にやっているんですが。部下のことも考えてますよ。

中嶋:そうだろうね。君のことだから、誠実に課長職を務めていると思うよ。

宇貝:わかっていただけて嬉しいです。

中嶋:でもね、誠実さや真面目さは時として考えの幅を狭くするからね。要注意だよ。自分のおかれている環境が見えなくなるからね。このカフェが混んできて、場所を譲るべき雰囲気になっていても、話に夢中の君は気づいていないだろう。

宇貝:気づきませんでした(汗)。もう少しお話ししたいので、場所を変えませんか。

注意力をバランスよく使おう

解説Ⅲ 鳥の目と虫の目

われわれは、目の前のことに意識を集中すると、まわりのことが見えなくなります。有限の注意力をバランスよく使えず、あることに過剰使用してしまうのです。ひとつ失敗をすると、それが気になって、次の作業に集中できず、そこでも失敗を犯す。失敗が次の失敗を生み出します。

注意力をバランスよく使うため、注意の焦点を意識的に変える努力が必要です。ある事実を正面から凝視する虫の視点(=細かいだけの管理)とそれを遠くから眺望する鳥の視点(ゆるいが鋭い管理)、2つの視点を意識的に切り替えることができれば、問題の解決策をより豊かに考えることができます。

時として真面目さが仇になるのは、視点を切り替えることができなくなっているわけです。ゆるい管理によって、過剰な真面目の落とし穴に嵌らないことが、鳥の目と虫の目の使い分けにつながります。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。