デキない若手ほど「ポテンシャルに自信」の謎

本当は秘密にしておきたい採用基準の必勝法

あなたも「ポテンシャルには自信あり」と思っていませんか(写真:wavebreakmedia/PIXTA)

街中でリクルートスーツを着た就活生を見かけるようになりました。就活生によるOB・OG訪問が盛んになる時期です。就活生あるいは若手の社員さんとお話しをすると、このまま年を重ねるとデキない男になるのが想像できてしまう、デキない男の予備軍「デキない男Jr.」さんに遭遇することが時々あると思います。

それって本当に「のびしろ」ですか

この連載の過去記事はこちら

「はたらく女性のかていきょうし」としてお仕事コンサルをしていると、意識の持ち方を改善すべき就活男子や若手男子に出会った時の対応でご相談を受けることがあります。直すべき点、良くないところをビシッと指摘しても「それって『のびしろ』があるってことですよね!」と超ポジティブ反応で、改善しなくてはという気になってくれません。どうしたら良いですか? というご相談です。

就活生や若手社員の中で、自分の「のびしろ」や「ポテンシャル」を根拠なく信じるデキない男Jr.って少なくありません。反対にデキる人への本当のポテンシャルを感じさせる「デキる人Jr.」もいます。デキる人Jr.は自分のポテンシャルをアピールすることは少ないようです。デキない男Jr.とデキる人Jr.の話をよくよく聞いて比べてみると、「ポテンシャル」にある大きな違いがありました。

今回はデキない男とデキる人を分ける「ポテンシャル」について考えます。OG訪問に訪れる就活生を見分けるお作法として、使っていただけるとうれしいです。

次ページデキない男Jr.の「ああ勘違い」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。