デキない若手ほど「ポテンシャルに自信」の謎

本当は秘密にしておきたい採用基準の必勝法

心理学には、学習能力の高さを「マインドセット」というコンセプトで研究する分野があります。「マインドセット」とは、たとえて言えば脳のOSのこと。デキる人が若手のポテンシャルを測る時は、スペックではなく脳にインストールされているOSを評価しているようです。

移動中は100%、素の自分が出てしまう

人を採用したり評価する必勝法として、米国のある有名なベンチャー経営者がトークイベントで「ここだけの話しだけど……」と語っていた秘密のお作法は今でも印象に残っています。

それは、面接の質問でも新しいテストでもありません。彼は採用面接の時は志願者を必ず会社の専用バスで送迎するのですが、送迎バスの運転手に志願者がどんな人だったかを聞いて採用不採用を決めていたそうです。

面接では表面的にとりつくろえても、移動中は普段の自分が出てしまうという理由。かなり説得力がある秘密のお作法です。確かに、デキない男Jr.は移動中2つの習慣があって、ほぼ100%識別できます。

デキない男Jr.は移動中にこの2つの習慣が…

① スマ歩

スマホを操作しながら歩くと、歩行速度が極端に落ちるという習慣。マナーの問題ではなく、その人の情報処理のスピードの遅さ、パフォーマンスの低さが周りにバレるという問題です。デキる人Jr.はスマホでチェックした後、早足で移動します。結果的に移動速度も判断も早いということが如実にわかる習慣です。

② ライン(列)漏れ

デキない男Jr.はリアルな人の列での振る舞いが苦手。電車やエレベーターの乗り降り列から漏れて先を争うので精神力体力を消費します。デキる人はラインから離れる。混んでいる場合は一本遅らせるなど列での立ち居振る舞いがスマート。結果的に精神や体力の磨耗が少ない。自分のリソース配分やコンディショニングがうまいかどうかがすぐにわかる習慣です。

逆に考えると、このような移動中の習慣を少し変えると普段の自分がちょっとずつ変化し、ポテンシャルを自然と上げることもできるはず。デキない男Jr.からデキる人Jr.への変身は、毎日のちょっとした習慣の変化で可能なんだと思います。

ポテンシャルとは、潜在能力じゃなくて学習能力、突き詰めれば「好奇心」や「興味」を持つ能力のこと。デキる人の多くがそう答えました。歴史に残る理論を発見して成功を収めたあの天才も、似たような言葉を残しています。

私の成功の秘訣がひとつだけあるとすれば、ずっと子供の心のままでいたことです。 〜 アルベルト・アインシュタイン

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT