デキない男が言われたい3つの「褒め」言葉

自信と自慢は得るが、成長にはつながらず

デキル男とデキナイ男で、求める褒められ方がこうも違うとは(写真:Studiostoks/PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

バレンタインデー、終わりましたね。「はたらく女性のかていきょうし」として、女性にお仕事コンサル活動をしていると、男性から時々「タブさん、周りが女性ばかりでいいなぁ。バレンタインはチョコいっぱいもらうんじゃないですか? ボクも女性にモテたいです♥」的な声をいただくことがあります。

こういうコメントをする男性のほとんどが「いっぱいもらいたい、いっぱいモテたいビーム」が体からほとばしっています。ビームが出ている限り女性にモテないことに気づいてないだけに、結構うっとうしいです(笑)。実は仕事でこの手のビームを出すデキない男性の扱いに困って、相談にいらっしゃる女性も少なくありません。

どう褒められたいかでわかる男の質

この連載の過去記事はこちら

それは「オレ、褒められると育つタイプですビーム」。デキない男の多くが放つビームです。「オトコは褒めて育てる」みたいな理論もあるので「すごいね!」とか「デキるね!」と褒めても、喜んで自信はつけているみたいですけど、育ってくれないんです……というご相談です。

モテない男の「モテたいモテたいビーム」もデキない男の「褒めて褒めてビーム」も同じですが、このビームに満額回答しても彼らは育ちません。かたやデキる人を観察すると、褒められると確かに成長につながっています。デキない男子は褒めても育たず、デキる人は褒めると育つ。その差は「褒められ方」の違いにあるようです。

今回は、デキない男とデキる男を決める「褒められ方」の違いを考えます。職場で(もう遅いかもしれませんが)チョコを渡す時に添える一言にも使えるお作法です。

次ページデキない男には、これがたまらない
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。