あの「お気楽」上司が成果を出し続けるワケ

優れたリーダーはいつも「力まず、ゆるい」

筆者は「部下と管理者の関係は、御神輿のようなもの」と説きます。その意味とは?(イラスト:ふるはし ひろみ)
多くの企業に目標管理を導入・運用し、各社の業績を高めた著者が、イラスト、図表を交え、究極の「目標管理」を解説する(無料の出前勉強会はこちらをご覧ください)

現場のスタッフは、尊敬できる上司と働くと、やる気や能力が高まります。しかし、尊敬できず、信頼できない上司のもとでは、持っている力の半分も発揮できません。つまり、尊敬される上司の存在こそが、職場の競争力なのです。そこで、『正しい目標管理の進め方』の著者で目標管理の達人である中嶋哲夫氏が、部下から尊敬される優れた課長の条件を説明します。

某企業販売課の宇貝課長。今期の出だしは好調です。今は独立し、人事教育コンサルタントとして活躍する中嶋先輩に、組織運営や部下指導でアドバイスをもらってきました。

そのアドバイス(2015年4月13日配信記事「愛のある『放置プレイ』が部下を育てる!?」)が効果的だったようですが、時間が経つにつれて、徐々に部下が動かなくなってきました。ある日、2人は会社の近くのカフェでばったり会います。

最初はよかったのだが(泣)

宇貝の悩み①:部下のやる気が続かない

中嶋:久しぶり。元気かね?

宇貝:はい、元気です。

中嶋そうは見えないね。なにか困ったことでも?

宇貝はい。目標ミーティングはうまくいきましたが、その後が続きません。

中嶋そうだろうね。すぐに鞭を当てる馭者がいるから、馬は辛いだろうよ。

宇貝PDCAサイクルを回すのは、管理者の責任ですから。

中嶋そこが間違いだね。管理者の責任ではなく、職場全員の責任だよ。

次ページ管理者の立場をたとえると?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。