仕事ができる人は「物事の定義」を変えている

アイデアが出ない人に教えたい「思考法」

アイデアが浮かぶ人、浮かばない人の違いとは?(写真 :kou / PIXTA)
斬新で誰もが驚くようなアイデアを生み出せたら、仕事で強力な武器となるはず。けれど、センスがないから、発想力が乏しいからとあきらめてしまってはいませんか?
アイデアが浮かばない人がやりがちな考え方と、センスや経験に関係なくまねできる発想術について、『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』(日本実業出版社)などの著書がある深沢真太郎氏が語ります。

「アイデア」はどうすれば出せるのか?

はじめまして。深沢真太郎と申します。

数と論理に強いビジネスパーソンを育てる「ビジネス数学」を提唱する教育コンサルタントです。

今回は、アイデアを出す思考法についてお話をします。

「斬新なアイデアが欲しい」そんなことを思った経験はありませんか。

でも、学生や新人でもなければ、「どうすればアイデアが出せるの?」なんて、もはや人に聞けないですよね。そもそも、かつて学校でも「アイデアの出し方」なんて授業はありませんでした。あなたが困ってしまうのも、当然かもしれません。

次ページこう考えれば、アイデアは浮かぶ!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT