仕事ができる人は「物事の定義」を変えている

アイデアが出ない人に教えたい「思考法」

アイデアが浮かぶ人、浮かばない人の違いとは?(写真 :kou / PIXTA)
斬新で誰もが驚くようなアイデアを生み出せたら、仕事で強力な武器となるはず。けれど、センスがないから、発想力が乏しいからとあきらめてしまってはいませんか?
アイデアが浮かばない人がやりがちな考え方と、センスや経験に関係なくまねできる発想術について、『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』(日本実業出版社)などの著書がある深沢真太郎氏が語ります。

「アイデア」はどうすれば出せるのか?

はじめまして。深沢真太郎と申します。

数と論理に強いビジネスパーソンを育てる「ビジネス数学」を提唱する教育コンサルタントです。

今回は、アイデアを出す思考法についてお話をします。

「斬新なアイデアが欲しい」そんなことを思った経験はありませんか。

でも、学生や新人でもなければ、「どうすればアイデアが出せるの?」なんて、もはや人に聞けないですよね。そもそも、かつて学校でも「アイデアの出し方」なんて授業はありませんでした。あなたが困ってしまうのも、当然かもしれません。

次ページこう考えれば、アイデアは浮かぶ!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT