仕事ができる人は「物事の定義」を変えている

アイデアが出ない人に教えたい「思考法」

では、どうすれば斬新なアイデアは生まれるか。

その答えは、「定義を変える」です。そもそもの定義を疑い、変えてしまうくらいの大胆なアプローチをすることがアイデアを出すコツです。

定義を変えたから起こったこと

身近な具体例が必要でしょう。

たとえば「ボールペン」を定義してみましょう。

→インクを使った機械式筆記具。いったん書いたら消せないもの。

では「シャープペンシル」を定義してみましょう。

→黒鉛を使った機械式筆記具。いったん書いても、消しゴムで消せるもの。

そこで、「ボールペン」の定義を変えてみましょう。

→インクを使った機械式筆記具。いったん書いても、消せるもの。

普通はこんなこと考えません。なぜなら、ボールペンは消せないものだという定義の中で人は考えているからです。

でも、その定義自体を疑い、変えたら何が起こったか。「消せるボールペン」という商品アイデアが生まれます。ご存じの人も多いと思いますが、これは実際に世に生まれ、大ヒットしました。

たとえばフランス料理を定義するなら、「主にナイフとフォークを使い、座った状態で上品良くいただく料理」とでもなるでしょうか。

しかし、その定義を疑い、「なんでフランス料理は立ち食いじゃダメなの?」と考えることで、新たなビジネスモデルが生まれることもあるでしょう。

ご存じ、「俺のフレンチ」はまさにそんなビジネスモデルでした。

次ページ斬新ではなく「あるある」でいい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT