仕事ができる人は「物事の定義」を変えている

アイデアが出ない人に教えたい「思考法」

では、どうすれば斬新なアイデアは生まれるか。

その答えは、「定義を変える」です。そもそもの定義を疑い、変えてしまうくらいの大胆なアプローチをすることがアイデアを出すコツです。

定義を変えたから起こったこと

身近な具体例が必要でしょう。

たとえば「ボールペン」を定義してみましょう。

→インクを使った機械式筆記具。いったん書いたら消せないもの。

では「シャープペンシル」を定義してみましょう。

→黒鉛を使った機械式筆記具。いったん書いても、消しゴムで消せるもの。

そこで、「ボールペン」の定義を変えてみましょう。

→インクを使った機械式筆記具。いったん書いても、消せるもの。

普通はこんなこと考えません。なぜなら、ボールペンは消せないものだという定義の中で人は考えているからです。

でも、その定義自体を疑い、変えたら何が起こったか。「消せるボールペン」という商品アイデアが生まれます。ご存じの人も多いと思いますが、これは実際に世に生まれ、大ヒットしました。

たとえばフランス料理を定義するなら、「主にナイフとフォークを使い、座った状態で上品良くいただく料理」とでもなるでしょうか。

しかし、その定義を疑い、「なんでフランス料理は立ち食いじゃダメなの?」と考えることで、新たなビジネスモデルが生まれることもあるでしょう。

ご存じ、「俺のフレンチ」はまさにそんなビジネスモデルでした。

次ページ斬新ではなく「あるある」でいい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。