上司が「お気楽」なほど、組織は活性化する

優れたリーダーはゆるい管理で部下を伸ばす

解説Ⅰ チェックするのは職場ミーティングで

宇貝課長のPDCAサイクルの回し方には、2つの問題があるようです。第1は、チェック&アクションを課長が実施し、部下たちに自らのチェック&アクションを促していないこと。それによって、部下の職場成果への責任感を下げてしまっています。

第2には、計画通りに実施することの是非を考えずにチェック&アクションをしていること。その結果、無意味に計画にこだわることになってしまっています。

これらの問題を解消するためには、チェック&アクションを職場ミーティングで行うこと、その過程で、期首に作成した計画の良し悪しをも検討することの、2つの留意点が必要です。このことを意識するためには、PDCAと考えるよりも、Plan、Do、Seeと考えるほうが良いでしょう。

予算達成しか考えていない?

宇貝の悩み②:みんなアイデアを出さない

宇貝:上司の本音が分からないと、部下は意見を言わなくなる。先輩はそう言いたいんですね。

中嶋:ご名答!

宇貝:そういえば、部下からアイデアや提案は出てきません。期首のミーティングでは活発に意見が出ていましたが。

中嶋:君自体が受動的だから、部下も受け身になるんだよ。

宇貝:???? 私は積極的に意見を出していますが。

中嶋:君は「予算達成」だけを考えてるだろう。将来に向けて今期の予算が持つ意味などは自ら考えていないし、部下にも伝えていないだろう。

宇貝:?????

解説Ⅱ 受動的積極性の罠

仕事をする上では、積極性は重要な要素です。そのときに、「受動的な積極性」と「能動的な積極性」の区別をすることが大切です。受動的な積極性は、課題を与えられれば積極的に取り組むというものです。ゲージで飼われている鶏が、餌を与えられれば積極的に食いつくようなイメージです。

能動的な積極性は、自ら課題を作り出していく積極性です。上司に働きかけて方針作りに参加し、仕事の文脈を作り出す積極性。野原に放たれた鶏が餌を探して動き回るようなイメージです。

受動的積極性の高い管理者がやみくもに前向きになると、部下はストレスを感じて受動的になり、やがて消極的になると考える必要があります。

次ページ「一生懸命」が通じない理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT