今どきの「仲良し同期」へのぬぐえない違和感

会社側は親しすぎる付き合いに困惑?

あなたの会社の新入社員はどうですか?(写真 :xiangtao / PIXTA)

新入社員向けの研修で講師をする機会が今年も何回かありました。人手不足もあってでしょうか。どの会社も例年より採用数が多く、大きな会場を手配したり、2回に分けて開催したりと準備は大変そうです。

仲が良すぎる新入社員たち

この連載の記事一覧はこちら

そんな活況を呈している導入研修で今年の新入社員の言動や行動に注目してみると、この10年で変化を感じることがあります。たとえば、新卒同士で「仲が良い」こと。どれくらい仲がよいのかと尋ねてみると、内定者時代から飲み会やイベントで親睦を深めたり、入社後にはお互いの悩みを打ち明けて励まし合うなどほほえましい話を教えてくれます。すでに会社の水に合わないと退職を考えた同期に対して「みんなで頑張ろうよ」声をかけあって、元気を取り戻した……との美談を聞くこともありました。

当方の新入社員時代なら「こいつらには負けたくない」と闘争心をむき出しにしている奴もいました。それと比較すれば隔世の感があるように思えて仕方ありません。ただ、そう感じるのは筆者だけではないようで、この仲のよさを人事部や先輩社員はどのように感じているか、取材してみると、

「仲が良すぎるのも問題。ライバル意識をもって、切磋琢磨する時期だと思うのですが……」

と危惧する声を聞くことも。横並び意識が成長を阻害すると感じているのでしょう。確かに同期組が横並びでいられるのはいつまでか? 誰かが頭ひとつ抜け出て、そのうち大きく違う立場になるまでそう時間はかからない時代になりつつあります。横並びで仲良くしていられる時間はわずか。会社がすぐ振り分けを始める状況を理解しているのでしょうか?

次ページ立場に違いが出るのはいつ頃なのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT