今どきの「仲良し同期」へのぬぐえない違和感

会社側は親しすぎる付き合いに困惑?

あなたの会社の新入社員はどうですか?(写真 :xiangtao / PIXTA)

新入社員向けの研修で講師をする機会が今年も何回かありました。人手不足もあってでしょうか。どの会社も例年より採用数が多く、大きな会場を手配したり、2回に分けて開催したりと準備は大変そうです。

仲が良すぎる新入社員たち

この連載の記事一覧はこちら

そんな活況を呈している導入研修で今年の新入社員の言動や行動に注目してみると、この10年で変化を感じることがあります。たとえば、新卒同士で「仲が良い」こと。どれくらい仲がよいのかと尋ねてみると、内定者時代から飲み会やイベントで親睦を深めたり、入社後にはお互いの悩みを打ち明けて励まし合うなどほほえましい話を教えてくれます。すでに会社の水に合わないと退職を考えた同期に対して「みんなで頑張ろうよ」声をかけあって、元気を取り戻した……との美談を聞くこともありました。

当方の新入社員時代なら「こいつらには負けたくない」と闘争心をむき出しにしている奴もいました。それと比較すれば隔世の感があるように思えて仕方ありません。ただ、そう感じるのは筆者だけではないようで、この仲のよさを人事部や先輩社員はどのように感じているか、取材してみると、

「仲が良すぎるのも問題。ライバル意識をもって、切磋琢磨する時期だと思うのですが……」

と危惧する声を聞くことも。横並び意識が成長を阻害すると感じているのでしょう。確かに同期組が横並びでいられるのはいつまでか? 誰かが頭ひとつ抜け出て、そのうち大きく違う立場になるまでそう時間はかからない時代になりつつあります。横並びで仲良くしていられる時間はわずか。会社がすぐ振り分けを始める状況を理解しているのでしょうか?

次ページ立場に違いが出るのはいつ頃なのか
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。