「負のオーラを放つ部下」はこうすれば蘇る!

上司の仕事が辛くなったあなたへ

負のオーラを放つ部下、どうすれば変わるでしょうか(写真:EKAKI / PIXTA)

部下を変えるたった3つのコツ

部下を持つとツライことばかり、指示しても動かないし、文句は言うし、内心では何を考えているかもわからない……。こんな経験はないですか。また、あなたはそれに今までどのように対処してきたでしょうか?

・「深呼吸」――確かに少しは落ち着きますよね。

・「傾聴」――部下の話に耳を傾けることは大切ですね。

・「受容」――でも、部下のすべてを受け止めていたら疲れてしまいますね。

部下には部下の世界があります。残念ながらそれは不可侵であり、あなたの働きかけが及ぶとは限らないのです。たとえ、あなたが王様であっても、人の心までを変えることはできません。でも、たった3つのことをするだけで、驚くほど部下が変わり始めます。そして、あなたと部下との関係も楽になります。

その3つとは、

・「何でも言ってくれ」と言うのをやめる
・ポジティブな内容以外には反応しない
・部下の肩に軽くふれる

たったこれだけで、職場がよみがえります。仕事の効率だって高まります。

次ページ「何でも言ってくれ」と言っていませんか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。