「ダメ出し」しても部下がまるで育たないワケ

変えたい相手を「変える」3つのステップ

否定ばかりしていても人は育ちません(写真:Komaer / PIXTA)
あまり考えもせず指示を待っている部下にイライラする。「普通こうするだろう!」と思うようなことに気が回らない。いいところも確かにあるのだが、欠点ばかりが目につく。結果、チームとしての仕事の質は上がらず、焦りの気持ちと自分自身の負担ばかりが増えていく――。こんな経験を持っている中堅以上のビジネスパーソンは少なくないでしょう。
何とか部下を変えてやろうとあれこれ手を尽くすものの、相手は一向に変わらない。場合によっては、変えようとすればするほど、コトはむしろ思わしくない方向に進んでいく。これが人間関係の難しさです。
『自分を変える習慣力』『相手を変える習慣力』(いずれもクロスメディア・パブリッシング)の著者であり、その独創的で効果的な手法で企業の人材育成・組織開発のサポートを行うチームダイナミクス代表取締役の三浦将(みうら・しょうま)氏が、「目の前の相手が無理なく自然に変わっていく」ためのコツを教えます。

「変わってほしい」と思う相手を、変えようとしない

「目の前の相手を変えたい」と思うとき、あなたはどんなことをしているでしょうか?多くの場合、まず相手の「良くないところ」「変えてほしい」ところに注目します。そして、そこを指摘して必死に相手を変えようとします。

でも実は、これこそが間違いのもと。変わってほしい、変えたいと思う相手を変えようとすればするほど、物事はうまくいかなくなってしまうのです。

「相手を変えたいのであれば、変えようとしないこと」

逆説的でちょっと変に聞こえるかもしれませんが、変えたい相手、変わってほしい相手とうまく付き合っていくためには、この考え方はとても重要です。

次ページ相手を変えるにはどうしたらいいのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT