「ダメ出し」しても部下がまるで育たないワケ

変えたい相手を「変える」3つのステップ

相手にダメ出しをした時点で、相手の変わろうとする意欲と勇気は削がれてしまいます。逆に、いいところに注目し相手を勇気づけることによって、その人が変わっていくきっかけを作ってあげられるかもしれません。まず必要なのは、「相手への承認」なのです。

部下がその潜在力を発揮するようにできるかどうかは、もちろん本人の努力が第一ですが、それはまた上司の仕事でもあります。それができる上司とできない上司では、おのずと大きな差が生まれてくるのです。

それはチームとしての業績にも、確実に反映されていきます。部下へのダメ出しだけを続けることは、それができない上司で居続ける原因となります。ここで、「承認」の習慣を定着させることが、それができる上司となるための最短ルートです。

期待は低く、粛々と継続的なアプローチを

画像をクリックすると販売サイトにジャンプします

しかし、自分の習慣といえども、ことは急には変えられません。ですから無理は禁物です。ダメ出しの気持ちを持ったり、ダメ出しを口にしたりしてしまったら、「次は承認」と少しずつ変えていけばいい。同時に大切なことは、自分の習慣ですらすぐには変えられないのと同様に、目の前の相手もそんなにすぐに変わってくれることは期待できないということです。

だから、相手への期待を持ち過ぎないこと。期待を持ち過ぎることは、ダメ出しをしやすい心理状態を作り上げます。逆に持ち過ぎなければ、ダメ出しもなく、イライラも起こりにくくなります。

だから、期待は低く、そして相手のいいところ探しと、相手への承認のアプローチを粛々と続けて、習慣にしていく。その結果は、やがて現れます、確実に。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。