「背中を見て覚えろ」では生産性は上がらない

サービス業こそ「脳で汗をかく」ことが必要だ

ポジティブドリームパーソンズ代表の杉元崇将氏に、サービス業の採用や育成について話を聞いた
属人的でマニュアル化できないと考えられてきた「感動を与える接客」。それをマニュアル化することで急成長を遂げている会社がある。それが、ポジティブドリームパーソンズだ。代表の杉元崇将氏に、グロービス経営大学院教授である山口英彦氏が話を聞いた。

 

前編はこちら:おもてなしは「方程式」で標準化できる

山口:いま、日本のサービス業のさまざまなところで、担い手の従業員を確保しにくくなっている問題がありますが、御社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)では、従業員の採用や育成にはどんな方針で取り組んでおられますか。

杉元:自分たちの目指しているレベルのところまで採用力が上がっているかというと、正直、そうでもないなというところです。ただ、採用も重要なのですが、私は社員のことを「メンバー」と呼んで、同志のように思っています。その既存のメンバーの本気度であるとか、既存のメンバーがこの会社にとどまる意義をどう考えているか、といったことがとても重要だと考えています。

サービス業に足りない「脳で汗をかく」という発想

杉元崇将氏の新刊『「感動」ビジネスの方程式』。感動創出のフレームワークを見える化し、質の高いサービスで、顧客に感動を与え実績を高める手法を解説する

杉元:既存のメンバーと時間をしっかりとって、コミュニケーションする。目標設定も短めに、3カ月ごとに評価をして、3カ月ごとに上司によるフィードバックがあります。「感動星の会」というのがありまして、3カ月ごとに「キミのこういう努力に感動したよ」ということで表彰するのです。

渡すのはただのカードなのですが、金銭報酬でない報酬、ということです。そんな仕掛けをつくっています。メンバーからすると、自分が頑張ったことを誰かがいつも見てくれているということが、大きなモチベーションになるのです。誰も評価してくれなくて、放置されているというのでは、仕事もつまらないと思います。

日本のサービス業では、新人に対しては、背中を見て覚えろというか、OJTがほとんどですね。労働生産性を上げるといったときに、身体で汗をかくことが必要なのはみなさんよくわかっていると思うのですが、もっと効率的にお客様に感動してもらうために「脳で汗をかく」というセンスが、日本のサービス業には足りていないなと思うのです。そういった意味で、PDPのメンバーにも、体で汗をかくだけでなく、もうちょっと脳で汗をかくことを覚えてもらうために、社内大学「PDPカレッジ」というものを7年ほど前からつくりました。

次ページ採用よりも力をいれていることとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT