"人に与える"を優先する人は「必ず」成功する

ギバーとテイカー、あなたはどちら?

あなたは「与える人」?それとも「受け取るがメインの人」ですか?(Rawpixel / PIXTA)

長年、人材育成や企業研修を行ってきて感じることですが、「伸びる人」と「伸びない人」には、基本スタンスに決定的な違いがあり、大きく2種類に分けられます。

一方は、仕事というものを「与える」という姿勢でやっている人、すなわちギバー(giver)、他方は「受け取る」という姿勢でやっている人、テイカー(taker)です。このスタンスや考え方の違いはキャリアに大きな差をもたらします。この差は初めのうちは小さく見えますが、時間が立つほどに開いてきます。

テイカーとして要領よく自分の取り分を優先するような仕事のやり方はいつか限界がきます。とはいえ、ギバーでいたらビジネスでは損をするのではと考える方も多いでしょう。他者も自分も得られるものを最大化するためのギバーのあり方をご紹介します。

なぜ今ギバーの時代なのか?

この連載の過去記事はこちら

まず、それぞれの特徴を簡単に説明します。

ギバーは「与える人」。常に他人を中心に考え、相手の利益や何を求めているかに注意を払う人。自分が受け取るよりもそれ以上に相手に与えようとする人のことです。

テイカーは「受け取る人」。常に自分を中心に考え、相手の必要性よりも自分の利益を優先する人。与えるより多くを受け取ろうとする人のことです。

現代は、ギバーがより成功しやすくなってきていると私は考えています。理由は3つです。

次ページなぜ「テイカー」ではダメなのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT