"人に与える"を優先する人は「必ず」成功する

ギバーとテイカー、あなたはどちら?

あなたは「与える人」?それとも「受け取るがメインの人」ですか?(Rawpixel / PIXTA)

長年、人材育成や企業研修を行ってきて感じることですが、「伸びる人」と「伸びない人」には、基本スタンスに決定的な違いがあり、大きく2種類に分けられます。

一方は、仕事というものを「与える」という姿勢でやっている人、すなわちギバー(giver)、他方は「受け取る」という姿勢でやっている人、テイカー(taker)です。このスタンスや考え方の違いはキャリアに大きな差をもたらします。この差は初めのうちは小さく見えますが、時間が立つほどに開いてきます。

テイカーとして要領よく自分の取り分を優先するような仕事のやり方はいつか限界がきます。とはいえ、ギバーでいたらビジネスでは損をするのではと考える方も多いでしょう。他者も自分も得られるものを最大化するためのギバーのあり方をご紹介します。

なぜ今ギバーの時代なのか?

この連載の過去記事はこちら

まず、それぞれの特徴を簡単に説明します。

ギバーは「与える人」。常に他人を中心に考え、相手の利益や何を求めているかに注意を払う人。自分が受け取るよりもそれ以上に相手に与えようとする人のことです。

テイカーは「受け取る人」。常に自分を中心に考え、相手の必要性よりも自分の利益を優先する人。与えるより多くを受け取ろうとする人のことです。

現代は、ギバーがより成功しやすくなってきていると私は考えています。理由は3つです。

次ページなぜ「テイカー」ではダメなのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
いま知っておきたい<br>天皇と日本史

「後醍醐天皇は超独裁者にして一流文化人」「光格天皇が朝廷の権威を高めたから維新が起きた」「昭和天皇は戦争指導に熱心だった」。有力学者による歴代天皇の研究で歴史を振り返りつつ、現代の天皇・皇室像を考える。