ムダ会議が激変!一目置かれる人の「スゴ技」

30代から覚えるべき「会議を動かす」技術

「なんとなく」参加の会議を、有意義な時間にしませんか?(写真 : Rawpixel / PIXTA)
毎日のように開かれる会議。招集されるままになんとなく参加している、退屈なので内職してやり過ごすことも多い、という人も少なくないのではないでしょうか。情報共有だけが目的の会議など、実際の会議にはさまざまなものがありますが、できることなら有意義な時間にしたいとは多くの人が思っているはずです。
そこでぜひ身につけたいのがファシリテーションの力です。それは会議を進行するということだけではありません。集まった人々に同じ問題意識を持たせ、ときに「やりたくない」という人にもやる気スイッチオンにさせるという、会議の場以外でも役に立つスキルなのです。
IBMのコンサルタントとして数々の会議を変革してきた清水久三子さんが、会議を変えるためのコツについて紹介します。

「会議を動かす力」が必要になってくる

この連載の過去記事はこちら

みなさんは日頃、どんな会議に参加することが多いでしょうか? 日本企業では明確な進行役を置かず、議題の担当者が延々と説明を行い、これといった結論を導き出せず時間ばかりがかかってしまう会議が多いとよく耳にします。私が日本企業から外資系企業に転職した際に、最も驚いたのが会議の進め方や物事が決まるスピード感でした。

会議の目的とゴールを事前に参加者が把握し、準備を行い、結論を導き出し、関係者に確実に期日までに決まったことを実行させるシステマティックな会議。クライアント企業のワークスタイルを大きく変える手法のひとつとして、多くの企業に導入するお手伝いをしてきました。

何らかの問題を解決したり、新企画や施策を立ち上げるための会議は明らかに増え、いつ自分がそのリードを任される立場になってもおかしくはありません。どんな会議であれ、会議を動かしていくファシリテーションのスキルがあれば、たとえテーマが何であったとしても、怖くなくなるはずです。

次ページ単なる司会進行テクニックではない!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。