天才かもしれない「ダメ社員」を覚醒させる術

「隠れアスペルガー」を知っていますか

「ダメだ」とあきらめる前に(写真:EKAKI / PIXTA)

空気を読めない。指示のとおりに動けない。いつまでたっても仕事を覚えない。そんなダメ社員、あなたの会社にいませんか。もしかしたら、その「ダメ社員」は、大きな能力を秘めた「グレーゾーンアスペルガー」という天才かもしれません。

『隠れアスペルガーという才能』(KKベストセラーズ)などの著書を出版しており、発達障害の専門家である吉濱ツトム氏は「多くの上司は本来優秀である部下の能力を引き出せず、ダメ社員にしてしまっている」と警鐘を鳴らします。

グレーゾーンの「隠れアスペルガー」

「アスペルガー症候群」とは「自閉症スペクトラム」とも言われます。強すぎる劣等感を抱え、「他人とコミュニケーションができない」「空気を読めない」「協調性が欠落している」など、さまざまな「生きづらさ」を抱えています。

一方で、アスペルガー症候群にはきちんと診断がつくいわば「真性アスペルガー」のほかに、グレーゾーンに位置する「隠れアスペルガー」の人たちが大勢います。彼らは社会生活には一定の順応性があるため会社勤務などサラリーマンとして就職していることが多いのですが、どんなに努力をしても周囲に迷惑をかけたり、上司にとってはトラブルメーカーであったり、なかなかに厄介な存在として扱われる傾向があります。

ただし、本人は悪意があるわけではなく、本当に気づかないケースが少なくありません。このグレーゾーンアスペルガーは、実は才能あふれるすばらしい人材であることが多く、枠組みがないためにただマイナス面だけが目立ってしまって、周囲の理解が追いついていないという面があります。

グレーゾーンアスペルガーは適切な環境さえ整えれば、天才とも言えるほどの大きな力を発揮できるのに、みすみすその才能を殺してしまっているケースが多い。これは、上司にとっても部下本人にとっても非常に残念なことです。

次ページ筆者も強いアスペルガーだった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT