仕事のできない人ほど右脳をうまく使えない

コツを知れば何歳からでも脳は鍛えられる

3%しか使えてないとされる脳の力をもっと引き出すには?(写真:xiangtao / PIXTA)

斬新なアイデアを出す人、頭の回転が速い人、複数の物事を同時に高いクオリティで回す人――。皆さんの職場にも、このような「デキる人」がいるでしょう。一方で、職場ではお荷物になっている「デキない人」もいる。この差はなぜ生まれるのでしょうか?勉強量の差?経験?それとも、もともと生まれ持った才能でしょうか。

筆者はどれも違うとみています。「デキる人」は「脳の使い方がうまい」といえます。「脳を使う?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、脳は道具です。たとえるならスマートフォンのようなもの。いろいろなアプリが入っていて、さまざまな使い方があります。しかし、多くの人は、電話をかける、メールをする、といった程度の使い方しかしていません。一説では、脳はその能力の3%しか使えていない、とさえ言われます。

デキる人たちは、脳の機能をフル活用することで、最短で解決法を見つけたり、即決で判断できたり、斬新なアイデアを生み出したり、効率よく仕事をしたり、複数のことを同時に回したり……しているわけです。

「デキる」ビジネスマンは、右脳の使い方がうまい

では、なぜ脳の使い方がうまい人、下手な人が出てくるのでしょうか。これは、その人が「これまでどう脳を使ってきたか」の蓄積に他なりません。そして、その大きな要因は、「右脳」を使ってきたかどうか、に尽きます。

どういうことかを説明する前に、右脳と左脳の違いを説明しておきます。まず、「右脳」は、ひらめきやイメージ、調和などをつかさどる脳です。物事を俯瞰的に、全体的に処理する特徴などもあります。また、高速処理も大きな特徴です。

そして左脳は、計算や分析が得意な脳。言語、計算、論理、理屈といった理性的で論理的なことをつかさどります。全体的に高速で処理する右脳と比べると、左脳は、一つひとつのことを直列的に処理することに長けています。

次ページほとんどの人は左脳が優位に働いている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT