仕事のできない人ほど右脳をうまく使えない

コツを知れば何歳からでも脳は鍛えられる

3%しか使えてないとされる脳の力をもっと引き出すには?(写真:xiangtao / PIXTA)

斬新なアイデアを出す人、頭の回転が速い人、複数の物事を同時に高いクオリティで回す人――。皆さんの職場にも、このような「デキる人」がいるでしょう。一方で、職場ではお荷物になっている「デキない人」もいる。この差はなぜ生まれるのでしょうか?勉強量の差?経験?それとも、もともと生まれ持った才能でしょうか。

筆者はどれも違うとみています。「デキる人」は「脳の使い方がうまい」といえます。「脳を使う?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、脳は道具です。たとえるならスマートフォンのようなもの。いろいろなアプリが入っていて、さまざまな使い方があります。しかし、多くの人は、電話をかける、メールをする、といった程度の使い方しかしていません。一説では、脳はその能力の3%しか使えていない、とさえ言われます。

デキる人たちは、脳の機能をフル活用することで、最短で解決法を見つけたり、即決で判断できたり、斬新なアイデアを生み出したり、効率よく仕事をしたり、複数のことを同時に回したり……しているわけです。

「デキる」ビジネスマンは、右脳の使い方がうまい

では、なぜ脳の使い方がうまい人、下手な人が出てくるのでしょうか。これは、その人が「これまでどう脳を使ってきたか」の蓄積に他なりません。そして、その大きな要因は、「右脳」を使ってきたかどうか、に尽きます。

どういうことかを説明する前に、右脳と左脳の違いを説明しておきます。まず、「右脳」は、ひらめきやイメージ、調和などをつかさどる脳です。物事を俯瞰的に、全体的に処理する特徴などもあります。また、高速処理も大きな特徴です。

そして左脳は、計算や分析が得意な脳。言語、計算、論理、理屈といった理性的で論理的なことをつかさどります。全体的に高速で処理する右脳と比べると、左脳は、一つひとつのことを直列的に処理することに長けています。

次ページほとんどの人は左脳が優位に働いている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT