仕事のできない人ほど右脳をうまく使えない

コツを知れば何歳からでも脳は鍛えられる

ほとんどの人は、日常生活において左脳が優位に働いています。現に、7~8割以上の日本人が左脳優位というデータもあります。ここで勘違いしてほしくないのは、決して「左脳が悪い」というわけではないということ。左脳優位ということは、計算、論理、理屈など、現実的に判断する力をしっかりと持っていることだといえます。では、その実行力のある左脳に加えて、右脳が活性化するとどうなるでしょう。

・「与えられたこと」はもちろん、「斬新な発想、ひらめき、イマジネーション」までを現実的に判断・実行できる
・1つのことだけでなく、同時に複数のことを実行できる(効率がよくなる)
・直感力や判断力が上がり、課題・問題に対して「検討→解決」の時間が短くなる
・ものごとを俯瞰的に見ることができ、マネジメント力が上がる……

 

これって、あなたが思い浮かべる「デキる人」ではないでしょうか。もともと、ひとつのことを現実的に判断する力を鍛えられている私たちは、右脳を活性化することで、その能力を大幅に上げることができるのです。

デキる人が、脳の使い方がうまい理由とは?

では、話を元に戻しましょう。「デキる人」は、これまで脳をどう鍛えてきたのでしょうか。おそらく、大部分の人は、「イメージ」によって脳を鍛えてきたはずです。

たとえば、サッカーをやってきた人は、俯瞰的に、さまざまな状況を同時並行的に瞬時にイメージ・判断することが求められます。これを高いレベルで実践してきた人ほど、上手に右脳を使ってきたといえます。また、日常生活においても「昔から片付けが上手だった」という人は、同様に、上手な右脳の使い方をしていたことが考えられます。

このように、右脳を使った「イメージ」を実践する機会が多かったことが、その人を「デキる人」にしたことが考えられます。では、皆さんがこれから脳を鍛えようと思ったとき、どのような右脳を使う環境に身を置けばよいかといえば、すでに左脳的な使い方が染み込んだ脳では、それはなかなか難しい。事実、仕事も本当はそういった環境であることが多いからです。

次ページ今日からできる脳トレ法
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT