仕事のできない人ほど右脳をうまく使えない

コツを知れば何歳からでも脳は鍛えられる

では、どうするか。実は脳は「イメージ」以外でも、鍛えることができます。それが、「音」です。実は、脳に伝わるエネルギーの約9割は、耳から入ってくるといわれます。そして音は、誰にとっても耳から入ってくる内容が同じです。それゆえ、皆さんが、これから脳を鍛えるとするならば、「音」が最も優れています。

今日からできる「音」を使った脳トレ法

拙著『聞くだけで脳が目覚めるCDブック』(あさ出版)で詳しく解説していますが、ここではひとつだけその方法をお教えしましょう。必要なのは再生スピードを変えられる音楽プレーヤーです。音楽は皆さんの好きなものでかまいません。

まずは、2倍速にスピードを上げて聞いてみましょう。とても速く聞こえないでしょうか?さらに、4倍、8倍速と速さを上げて何度も聞いてみると、2倍速のときよりも、もっと速く聞こえるはずです。8倍速くらいにいくと、わけがわからなくなるかもしれません。次に改めて2倍速にしてみます。すると最初は速く感じた2倍速が、なんだかゆっくり聞こえるはずです。

車を運転することがある人なら、この感覚を体験したことはあるはずです。たとえば、高速道路に乗ったとき。最初は、そのスピードに手に汗を握る人もいるでしょう。しかし時間が経つにつれて、徐々に速さに慣れてくるはずです。そして、高速道から一般道に降りたとき、まわりの車が「遅く」感じる。でも、スピードメーターを見ると、自分のスピードが出すぎていた、というような経験です。

画像をクリックすると販売サイトにジャンプします

脳はとても賢く、置かれた状況に対応しようとします。この例では、高速道路の速さに脳が対応しようと、高速回転し出したからこそ、そのスピードに慣れてくるわけです。そして、一般道に降りてすぐは、まだ高速回転の状態のままですから、まわりがゆっくりと見えるのです。

つまり、「普段よりゆっくりと感じる」ときは、脳が高速回転している証拠なのです。
この感覚を何度も繰り返し脳に体験させ続けると、脳がそのような使い方をするように変わっていきます。直感力、判断力、発想力などが、段違いに変わってきます。そのほかにも、「音」によって、同時並行的に複数のことを処理できる脳に鍛えたり、瞬時に感情を切り替えたりすることができます。脳は何歳からでも鍛えることができます。あなたが何歳であっても、「手遅れ」ということはありません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT