天才かもしれない「ダメ社員」を覚醒させる術

「隠れアスペルガー」を知っていますか

いつもの会議なのだから言われなくなってわかるだろう、と思うかもしれませんが、はっきり言ってもらわないと、彼らの中で渡された書類と会議がつながりません。もし、あなたの部下が前述したような口頭での指示に弱いタイプであれば、付箋などにメモ書きして指示を出すとより理解しやすくなります。

できないことを一つひとつ洗い出すことで、対応策も見えてくる

また、何もかもできないというわけではないことにも、理解が必要です。そして「できない」の裏に、「できる」が潜んでいることも多い。

たとえば、ほかに優先すべき仕事があるのに、いつまでもデータ入力をやっているという場合。単純作業であっても、集中したらとことんやるタイプだということが考えられます。こういう人材は、研究開発部や品質保証部など、実験や商品テストを繰り返すような部署に向いているかもしれません。

逆に、単純作業は苦手だけれどクリエイティブな能力を持っているというグレーゾーンアスペルガーもいます。その場合、思い切ってアシスタントを付け、本人がクリエイティブな仕事に集中できる環境を与えることで、一気に能力を発揮するようになることがあります。

これらはすべて、トライ&エラー

一つひとつ検証しながら、どれが適切かを見極める必要があります。これは気の長い作業であり、最初は面倒に感じるかもしれません。

画像をクリックすると販売サイトにジャンプします

しかし、グレーゾーンアスペルガーがいったん能力を発揮したら、ほかの追随を許しません。また、グレーゾーンアスペルガーは周囲の理解がなかなか得られず、これまでずっとつらい思いをしてきたことが多いため、理解を示してくれた上司には、全力で尽くすケースが多いのです。

グレーゾーンアスペルガーの症状というのは、実は誰もが持っている性質です。普通の人より程度が大きいから扱いにくい。ただそれだけのことなのです。グレーゾーンアスペルガー用にとった対策は、普通の人にもそのまま使えます。つまり、ダメ社員用の対策が、チーム全体のミス軽減や効率アップに有効なのです。あなたの部署にも、困った部下はいないでしょうか。その部下は、もしかしたら、あなたの運命を左右する天才部下に化けるかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。