職場での孤立から必ず抜け出す「3つの方法」

周りからの評価が自然に高まる!

職場で孤立してしまったとき、どうやって抜け出せばいいのだろうか?(写真:sasaki106 / PIXTA)
職場の人間関係が悪化して孤立してしまった、苦手な人が多くて口をきくのがつらい、もう会社に行きたくない――。そんな経験がある人は少なくないのではないでしょうか。
ごく一部の人に起きることとは限りません。部署の異動や仕事上のちょっとしたミスによって、突然、そんな状況に陥る場合もあります。しかし、そこからどうやって抜け出せばいいかは、意外と多くは語られていません。
いったいどうしたらいいか。そのヒントを語ってくれるのは仕事力向上や人間関係についてのレクチャーを行ってきた坂本松昭さん。今回は、そうした状況を変えるちょっとしたコツについて語ってもらいます。

人間関係を劇的によくするコツ

もうこんな職場では働きたくない、仕事もしたくない、あの人とは話したくない……。そんな心境になったことがある人は意外と多いのではないでしょうか。

でも、それは本当にあなたの本心でしょうか。本当はそうではないのに、不本意な思いをしていませんか?

あなたの人間関係――それはあなたと話した感覚、話したイメージ、それがそのままあなたの人間関係になっています。人間関係とは、要するに「話しやすい」かどうかということです。

では、「話しやすい」とは何でしょう。コミュニケーションの技術?――とんでもない! 話しやすい人とそうでない人との違いは、心のモチカタひとつだけ。でもこの記事は、心の持ち方を変えましょう、というお話ではありません。そんなに簡単に変えられるものなら、とっくに変えていますよね。

次ページたった3つのことをするだけ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。