残念!「相手を疲れさせる話し方」ワースト5

だからあなたは好かれない!

相手を疲れさせていませんか?(写真:xiangtao / PIXTA)
新年度が始まり一月がたちました。新しい環境で新しい人との出会い、そして新たなお客さまとの出会いが多くある時期ですね。
そこであなたの印象を決めるのが、話し方。実は、相手を楽にする人もいれば、すっかり疲れさせてしまう人もいるのです。それが自分のビジネスライフに差し障りをなさないとも限りません。
『一緒にいて 疲れる人の話し方 楽な人の話し方』(KADOKAWA)の著者で、話し方の講師の代表的存在でもある野口敏氏から、本当は「好かれない話し方」と、そうした問題を解決する方法を教えてもらいましょう。

 相手を疲れさせる人の話し方「5つのタイプ」

タイプ① 話が頭に入って来ない

本人は一生懸命話しているのに、その内容がちっともこちらの頭に入って来ない人がいます。彼が話し始めると、聞き手はかなりの集中力を求められるからです。

道案内に例えて言えば、こんな風になります。

「駅に着きましたら3番出口を出ましてすぐに大通りになりますのでそれを左手に曲がって3分ほど歩きますとセブンイレブンがありまして……」

これは句読点がない話し方です。つまり「間」がなく、一気に話してしまっているのです。このタイプのはっきりとした特徴は、センテンスが長く、接続言葉の多用です。

「…になりますので」「…しますと」「…ありまして」とエンドレスで続きます。この説明では、決して目的地にたどり着きはしません。仕事でこれをやってしまえば、上司をイライラさせ、お客様を怒らせる。ましてや重要なプレゼンや説明となると、売り上げを失う致命的な欠陥にもなりかねません。

次ページ一文を短く!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。