残念!「相手を疲れさせる話し方」ワースト5

だからあなたは好かれない!

また、こちらはある若い男性から聞いた話。

上の画像をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

入社2年目の時に、上司から勤務体系についての希望を聞かれたので「週に2回、6時30分に会社を出るのは無理でしょうか」と答えたところ、鼻で笑うような感じで「ゆとり世代らしいな。会社っていうところを分かってない。甘ちゃんもいいところだ」と一蹴されたそうです。

彼はそこで口をつぐんでしまいました。しかし彼はその後、「通関士の資格を取って会社の貿易業務に携わりたい。そのための専門学校に通いたい」という話を続けたかったとのこと。

上司はただ遊ぶために彼が早く帰りたいのだと「早合点」してしまったようです。彼のモチベーションが大いに下がったのは言うまでもありません。これは相手の話を「自分の思い込みのまま聞いている」人のミスです。

解決法:先読みせず話が終わるまで黙って聞く余裕を持つ

話を最後まで聞いてもらえないと、人はがっくり来て疲れてしまいます。
さらにひどくなると、自尊心が傷つき愛情ややる気が失せてしまうケースもあります。人は自分が優位な立場にいる場合、こういうことをついやってしまいがちです。これを妻や子供に日常的に行えば、離婚や家庭崩壊につながることもある恐ろしいコミュニケーションミスとなります。

このミスを防ぐには、自分こそが正しく相手は愚かであるという思い込みを外すこと。そして自分が持っている先入観や思い込みを外して、新鮮な気持ちで話を聞くゆとりが必要です。

「それなら俺も言うことがあるぞ!」とアクセルを踏んで言葉を出そうとしたら、「ちょっと待て、相手はまだ話すことがあるのかも」というブレーキも用意して会話を楽しんでみて下さい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT