あなたの重要メールに返信が来ない根本理由

返信が来ないのは、出し方に問題があるからだ

なぜメールに返事が来ないのか、考えてみたことありますか?(写真:KY / PIXTA)

4月に新社会人となり、初めて仕事相手にメールを出すようになって、LINEやメッセンジャーとの使い勝手の違いに戸惑っている人は多いのではないでしょうか。特に営業関係の業務にかかわる人は、メールのあまりの返信の少なさに挫折を味わっている人もいるでしょう。

『カッコウはコンピュータに卵を産む』 という1980年代中頃に実際にあったハッキング事件のノンフィクションがあります。ネットのセキュリティ系の本としては、古典と呼んでもいい部類の名著です。上質のミステリーを読んでいるかのようなこの本、ところどころにインターネット黎明であるが故の表現がいくつも出てきます。

その中のひとつに「なにはなくともメールは通せ」という一説があります。これは何を意味しているのかというとネットでのコミュニケーションの第一歩はメールから始まるということを意味しています。それをこう表現するんだなあと感心しました。

そんな時代から、30年程度時間が経過しました。メールは死んだ、メッセだ、LINEだなんだと言われるようになってからですら、もう何年も経っています。スパムメールはなくならないし、実際私も細かいやり取りについては、メッセでやることが多くなっています。

LINEが便利でも、メールはなくならない

ところがやっぱりメールはなくなりません。スマホ時代になり、HTMLメールが当たり前になった結果、メルマガなんてむしろプッシュメディアとして息を吹き返している部分さえあります。そもそもメールって、最初はEメールと呼ばれてましたよね。そもそもメールって、英語では郵便という意味ですしね。あのEって、いつ頃からなくなったんでしょうね。

次ページなぜメールに返事がこないのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT