デキる人ほどスマホではGmailしか使わない

キャリアメールはガラケー時代の遺物

スマホでまだキャリアのメールアドレスを使っていませんか?(写真:xiangtao / PIXTA)

筆者都合でなかなか更新されない連載となっているこの「メールの作法」、ようやく第4回です。「メールの書き方」「CCの使い方」と続き、前回の第3回は対応によっては社会問題にまで発展してしまう「添付ファイル」について述べました。

今回は、スマホで使うべき「メールサービス」についてです。ここでは会社から支給されるメールアドレスのことは除外してお話しますので、それを踏まえてどうぞ。

キャリアメールではなく「Gmail」を使おう

この連載の一覧はこちら

結論を先に言いましょう。個人のメールを効率よく使うなら「Gmail」です。

スマホ以前のガラケー(フィーチャーフォン)の時代、個人のメールで主流だったのは、ケータイキャリア各社が提供する「Eメール」でした。NTTドコモであれば「@docomo.ne.jp」のアドレスのメールサービスですね。欧米とは異なり、日本ではショートメール(SMS)の時代をすっとばしてインターネットメールがケータイとともに普及したため、キャリアのEメールが主流となったのです。文字数制限などがあり、インターネットメールとしては変わった仕様だったキャリアメールもケータイだけで使う分には問題ありませんでした。

しかしノートパソコン並みの機能を持つスマホでは、キャリアメールではなく、Gmailがオススメです。

次ページまずはグーグルアカウントを取得する
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。