デキる人は「添付ファイル」をあまり使わない

JTB、ヤマト運輸「不正アクセス」に学ぶべき事

メールの「添付ファイル」について、きちんと理解してますか?(写真:わたなべ りょう/PIXTA)

恐る恐る始めたこのメールの作法という連載。ここまでのところ、意外なことに「今さらメールかよ!」というつっこみもそれほどなく、ソーシャルなどでも「役立った!」とか「これが基本」というコメントをもらってほっとしております。

さて、今回は、ちょっと避けて通れないメールの添付ファイル問題です。なぜなら、このところ世間を騒がせているJTB顧客情報流出問題にこのメールの添付が関係しているからです。

JTB不正アクセスの原因は「標的型」メールだった

この連載の一覧はこちら

この問題はJTBだけではなく、提携3サイトも巻き込んで、現在、約790万人もの顧客情報が流出したと発表されています。この問題は顧客の個人情報が収容されているサーバーへの不正アクセスによって流出しました。しかし、その不正アクセスの原因になったのは「標的型」メールなのです。

これまでよく見られてきたスパムメールやウイルスメールというのは、大量のメールを不特定多数の相手に対してばらまかれてきました。そのためメールに慣れた人であれば、「このメールはなにかおかしいな?」と気づくことができました。また、同じような文面であるため、システム的にスパムメール対策という形で対応されてきました。

しかし標的型メールは、ある特定の企業や組織を狙って攻撃をしかけてくるものです。これは、その標的の情報を盗むことを目的としていますから、当然、その攻撃も標的に最適化された形で行われるのです。今回のJTBの場合も、香港経由で全日空の担当者を装って送られたメールが原因とされています。

次ページ標的型メールの対策は?
人気記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。