事実!一流のメールは驚くほど「感じがいい」

その「自己都合メール」で信用が瓦解する

ビジネスメールのテクニックをご紹介します(写真:Syda Productions / PIXTA)
日頃、何気なく使っているビジネスメール。効率重視で簡潔にすればOKという考え方もありますが、実は人間性がかなり伝わるツール。仕事ができる人や信頼される人は「メール力」が高く、人知れず努力を重ねたりしています。
ワンランク上のメール術を身に付ければ、キャリアも日常もぐっと変わるはず。そのテクニックをご紹介します。

メールで相手を不愉快にしても指摘されない?

この連載の記事一覧はこちら

私が外資系企業に転職した当時、上司に言われたことで印象に残っている言葉。それが、「相手の受信ボックスを汚してはいけない」という一言です。

よく練られていないメールを安易に出してしまうことで、相手のボックスに余計なメールや読んで不愉快なメールが溜まらないよう、きちんと練ったメールを書くようにと指導されたのです。コンサルタントやエンジニアはサービス業なのだから、コミュニケーションの質の高さを意識すべきだと言われたのですが、今考えてみれば、ほとんどの職種の方にも必要な考え方だと思います。

しかし、不愉快なメールを書いても、なかなか相手からは指摘してもらえません。知らないうちに信用や取引といった大事なものをなくしていることが大半ではないでしょうか。

不愉快なメールは日常の中に多く潜んでいるようです。「ビジネスメール実態調査2012」という調査によると、過去1年間で、メールを受け取って不快に感じたことはありますか」という問いに、「よくある」と「たまにある」と答えた人は約49.18%もいました。

その理由を複数回答で聞いたところ、「文章が失礼」(47.17%)、「文章が曖昧」(33.67%)、「文章が冷たい」(20.83%)という理由がトップ3。「ビジネスマナーがなっていない」(18.33%)、「メールの返信が遅い」(17.5%)などを上回りました。

次ページ不愉快なメールを指摘したことがある人は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。