差がつく!「一筆添える技術」と鉄板フレーズ

最強のコミュニケーションは「一筆」にあり

芸術作品やかわいらしいデザインのものは女性ウケも抜群
メールやSNSでのコミュニケーションが全盛の今だからこそ、印象に残りやすいのがアナログな「手書きの一筆」。『できる大人の“一筆添える”技術』の著者であり、一般社団法人 手紙文化振興協会 代表理事のむらかみかずこ氏が「手書きの一筆」のもつパワーと、すぐに使える鉄板フレーズを伝授します。

心がなごむ「手書きの一筆」

なぜ「手書きの一筆」なのか◇

端的に言うと、「相手に喜んでもらえる、いちばん簡単な方法」だからです。たとえば、会社のデスクに置かれた書類に、付箋などで「おつかれさまです」といった一言が添えられていたご経験はありませんか? そのときにちょっとうれしくなったりすることはあっても、不快な気持ちになったことはないと思います。これって、コミュニケーションとして簡単なことですよね。

今はメールやSNSで手軽にメッセージを送ることができますが、デジタルのコミュニケーションは、ともすると、無機質で少し冷たい印象を与えます。だからこそ、顔文字で感情を表現したり、絵文字で明るさを演出しようとするのではないでしょうか。「手書きの一筆」なら、この感情の表現や演出がカンタンにできるのです。

「手書きの一筆」に必要な物は?◇

紙は付箋でもいいのですが、とくに一筆箋をおすすめします。文具店はもちろん、ミュージアムショップなどでも購入できます。選ぶのが大変なくらい、いろいろなデザインのものがあるので、見ているだけで楽しいですよ。そうしているうちに、「あの人にはこのデザインがいいな」「この人はこういうデザインを好みそう」など、具体的な人が浮かんでくることもあります。

また、ハガキはちょっとした出先や出張・旅行先で使えます。ご当地ならではの消印を押してもらうと、旅情が出ていいですね。カフェやレストランなどに置いている無料の広告ハガキは、デザインがおしゃれです。切手の貼り方を工夫すると、さらに遊び心をプラスできますよ。

あと、ペンは太めのもの、インクは黒以外に青を持っていると便利です。私は用途に応じて万年筆を使い分けていますが、ゲルインクのボールペンなどでも十分です。

次ページ「一筆」の3大お悩みを解決!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。