iPhoneで今より高速に文章を作成する裏技

変換は「かな」か「ローマ字」1つしかいらない

スマホの操作はすべて画面をタッチして行うため、パソコンに比べると文章の入力に時間がかかってしまう(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

メールやSNSへの投稿など、iPhoneで日本語入力を使う機会は非常に多い。一方で、スマホは物理キーを搭載しておらず、操作はすべて画面をタッチして行うため、キーボード入力が前提のPCに比べると、使い勝手はよくない。特に、初期設定のままでは、効率が悪い。日本語変換もあまり賢いとは言えないため、設定は見直しておくべきだろう。

ここでは、iPhoneの文字入力をもっと快適にする方法を3つ紹介していく。設定を変えるだけで文章作成がぐんとラクになるので、まだ使いこなしていない人は、これを機に、設定を見直してほしい。

1.使わないキーボードは削除する

この連載の一覧はこちら

iPhoneのキーボードは、日本語で初期設定すると、「日本語かな」「日本語ローマ字」「絵文字」「英語」の4つが表示される。文字入力中に、地球ボタンをタップすると、順にキーボードが切り替わっていく仕様だ。この地球ボタンを長押しすると、キーボードの一覧が現れ、途中のキーボードを飛ばして選択することが可能になる。

ただ、日本語入力が2つあるのは、少々無駄が多い。「日本語かな」か「日本語ローマ字」のどちらかがあれば、通常は支障がないからだ。PCに慣れていると、ローマ字入力のほうが速く打てるかもしれないが、キーをタップする回数はどうしても増える。上下左右に指を滑らせるだけで、母音まで一発で確定できるフリック入力のほうが、効率はいいだろう。画面が小さいこともあり、キーの数が少ない日本語かなだと、押し間違えも少なくなる。逆に、アルファベットの入力までフリックの割り当てを覚えるのは、少々大変だ。

どちらの入力方法に慣れているかにもよるが、少なくとも「日本語かな」「英語」「絵文字」か、「日本語ローマ字」「英語」「絵文字」の3つがあれば、大きな問題はないだろう。ビジネスメールが多く、絵文字が不要なら、日本語と英語の2つだけでいいかもしれない。

次ページキーボードを「設定」で整理する
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT