iPhoneSEが「低価格化」で狙う果実とは何か

その答えは中国市場にあった

アップルは発売して1カ月も経たないiPhone SEについて、一律5000円の値下げを行った。これは年初より進行している円高ドル安の影響と見られ、約132円だったドル円レートは、約120円に修正されている

アップルの最新スマートフォン「iPhone SE」は、iPhone 5sのデザインに、iPhone 6sの性能を盛り込んだモデルだ。初めてiPhoneを購入する人や大きな画面を好まないiPhone 5sユーザーにとって、価格の安さと高性能さを兼ね備えた、選びやすいデバイスと言える。

一方、すでにiPhone 6以降のモデルに慣れているユーザーにとっては、ディスプレーのサイズとクオリティから、満足感は得られにくい。

だが、実はiPhone SEには、ハイエンドモデルより重要な、アップルの新しい戦略が込められている。

通常の販売周期から外れたiPhoneSE

アップルが目指す新戦略については後述するが、その前にアップルがディスプレーサイズが4インチのSEを投入した意図をおさらいしておこう。

アップルは初代iPhoneを投入して以降、年間1機種ないし2機種を7月から9月に発売し、1年間継続して販売する、非常に単純な製品サイクルを堅持してきた。おそらく、4.7インチ、5.5インチモデルとその後継機種は、今後も9月発売を守っていくことになるだろう。

しかし3月発売のiPhone SEはそのサイクルを崩した。加えて、iPhone SEは、すべてのiPhoneユーザーもしくはアップルファンを相手にしている製品でもない。その点に対して、熱心なアップルファンほど、疑問の声を上げがちである点も事実だ。だが、そうした声が聞こえれば聞こえるほど、アップルにとっては狙い通りなのかも知れない。

次ページアップルの狙いとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT