iPhoneSEが「低価格化」で狙う果実とは何か

その答えは中国市場にあった

アップルは発売して1カ月も経たないiPhone SEについて、一律5000円の値下げを行った。これは年初より進行している円高ドル安の影響と見られ、約132円だったドル円レートは、約120円に修正されている

アップルの最新スマートフォン「iPhone SE」は、iPhone 5sのデザインに、iPhone 6sの性能を盛り込んだモデルだ。初めてiPhoneを購入する人や大きな画面を好まないiPhone 5sユーザーにとって、価格の安さと高性能さを兼ね備えた、選びやすいデバイスと言える。

一方、すでにiPhone 6以降のモデルに慣れているユーザーにとっては、ディスプレーのサイズとクオリティから、満足感は得られにくい。

だが、実はiPhone SEには、ハイエンドモデルより重要な、アップルの新しい戦略が込められている。

通常の販売周期から外れたiPhoneSE

アップルが目指す新戦略については後述するが、その前にアップルがディスプレーサイズが4インチのSEを投入した意図をおさらいしておこう。

アップルは初代iPhoneを投入して以降、年間1機種ないし2機種を7月から9月に発売し、1年間継続して販売する、非常に単純な製品サイクルを堅持してきた。おそらく、4.7インチ、5.5インチモデルとその後継機種は、今後も9月発売を守っていくことになるだろう。

しかし3月発売のiPhone SEはそのサイクルを崩した。加えて、iPhone SEは、すべてのiPhoneユーザーもしくはアップルファンを相手にしている製品でもない。その点に対して、熱心なアップルファンほど、疑問の声を上げがちである点も事実だ。だが、そうした声が聞こえれば聞こえるほど、アップルにとっては狙い通りなのかも知れない。

次ページアップルの狙いとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。