iPhoneSEには、巨大な市場が広がっている

先進国にも新興国にも莫大な需要

(動画:ロイター)

アップルは米国時間3月21日、カリフォルニア州クパティーノ市の本社キャンパス内にある小さな「タウンホール」で、新製品発表イベントを開催した。この会場には、共同創業者のスティーブ・ジョブス氏の写真とフレーズが掲げられており、アップル再建を決定づけたiPodを発表した場所でもある。

2016年末には「宇宙船」と呼ばれる新社屋が完成することから、タウンホールで行われるイベントは今回が最後であることもアナウンスされた。通常、社内の風景は撮影が制限されているが、今回はメディア向けにも、自由な撮影が許可された。

盛りだくさんだった発表内容

今回のイベントのトピックは、以下の通りだ。

- 40周年を迎えるアップルの、地球環境と人々の健康への取り組み

- Apple Watchの100ドル値下げと、日本製のナイロンバンドを含む新バンドの発売

- Apple TV向けtvOSの新バージョンリリース

- ブルーライトカット機能を搭載したiOS 9.3のリリース

- 現存する最高のパフォーマンスを誇る4インチスマホ、iPhone SE発表

- 9.7インチ版iPad Pro発表

このうち、もっとも注目を集めたのは言うまでもなく、iPhone SEだ。

次ページ重厚な質感の小型モデル、iPhone SE
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT