「SurfaceBook」は何のためのパソコンなのか

マイクロソフトが高額パソコンを作る理由

マイクロソフトが「Surface Book」で目指しているものとは?

アップルが3月15日のスペシャルイベントで発表する「新しいiPhone」は、4インチ画面の小型機と噂されている。現在の大画面のiPhone 6シリーズでは受け止めきれない裾野部分をフォローアップするための製品というわけだ。前回の記事『アップルが「iPhoneの次」に狙っていること』では、このようにアップルが隙間なくラインナップを埋めた上で、各製品をより密に結合することにより、各製品の価値を拡げ、顧客体験を高めるようジワジワと足元を固めている様子についてお伝えした。

一方、パソコンを中心にWindowsプラットフォームを提供しているマイクロソフトは、何をしようとしているのだろうか。後編ではマイクロソフトを主人公に話を進めていくことにしよう。

落ち込んでいる存在感

言うまでもないことだが、これだけアップルが成長した現在でも、パソコンのプラットフォーマーとしては、Windowsを擁するマイクロソフトが圧倒的なユーザー基盤を持っている。

ただし、市場における存在感という意味で”退潮”であることは数字からも明らかだ。IDCが発表したデータによると、2015年のパソコン市場において出荷台数を増やしたのはアップルだけだ。アップルのシェアはレノボ、ヒューレット・パッカード(HP)、デルに続く第4位で、1.2ポイントアップの7.5%のシェアを獲得した。アップルの出荷台数は約120万台増の2079万4000台である。

ところがトータルの出荷台数は200万台ほど減少している。昨年はWindows 10の提供が始まったにもかかわらず、だ。

アップルは第4位といえども、上位のレノボ、HP、デルは法人向け需要に強い。個人向けの販売に強いアップルは、一般消費者の目からみると、7.5%というシェア以上に大きな存在といえるだろう。

次ページ高額機はMac独り勝ち
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT