「SurfaceBook」は何のためのパソコンなのか

マイクロソフトが高額パソコンを作る理由

いずれもMacの高級機に通じる要素を含んだ上で、”Macよりも先進的”なハードウェアを目指している。電磁ロックでディスプレイ部が合体/分離するメカニズムなどは、少々やり過ぎ感もあるが、そのやり過ぎ感も含めて、特別感のあるパソコンに仕上げることに成功している。

このSurface Bookが発表されたとき、主要なパソコンメーカーに尋ねてみると「こんな高付加価値パソコンのど真ん中に投入されるとは……」と苦々しい顔で感想も戻って来た。

これまでマイクロソフトは、タブレット型コンピュータとノート型コンピュータをつなぎ合わせる製品として、Surface、Surface Proシリーズを展開していたが、新市場開拓という意図が明確だった。

つまりマイクロソフトは、ノート型そのものには手を出していなかった。ここは”パソコンメーカーのど真ん中の領域”であり、マイクロソフトが手を出す領域ではないと捉えたのだろう。

アップルとの正面勝負は避けた

キーボード側には大容量の追加バッテリーがある

しかし、前述したように高級パソコン市場はアップルが圧倒しており、その勢力は新興国も含めて拡大を続けている。パソコンメーカーも、アップルと正面を切って競合するような高付加価値パソコンを作らなくなってきた。

ここに至って、マイクロソフトとしては、ノート型を”パソコンメーカーの領域”と区切ることはできなくなった。Windows搭載パソコンのプレゼンスを示すために、高性能で、かつ上質さや他製品にない独創性あるパソコンとしてSurface Bookを投入せざるを得なかったのである。

このような背景の中で投入されたSurface Bookは、確かに素晴らしい性能を有している。ディスプレイ部は最新プロセッサを内蔵するタブレット型コンピュータとして機能し、キーボード側には大容量の追加バッテリーと、高性能なGPUが内蔵されており、まさにフルスペックと呼ぶにふさわしい。

GPUとはグラフィクス処理を行うプロセッサで、ゲームや3Dを活用したCADの性能を高める効果があるが、それ以外にも写真や映像、音声などのメディア情報を扱う際の性能を向上させる効果もある。

次ページ”マッスルワイヤー”とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。