「SurfaceBook」は何のためのパソコンなのか

マイクロソフトが高額パソコンを作る理由

Macは個人向けに強いだけでなく、ラインナップが1000ドルを超える単価の高級パソコンで占められている点も大きな特徴だ。アップルにとって主役の事業はiPhoneだ。そのため目立つこともなく、あまり注目されないMac事業だが、実はその足場はきわめて強固と言える。

今回の記事はマイクロソフトが主役と書いておきながら、このような話を冒頭でするのは、この市場における状況をマイクロソフト自身が危惧し、製品戦略へと反映したと明言しているからだ。

アップルに対抗するプレミアム機

Surface Bookは、プレミアムパソコンに位置づけられている

昨年10月、マイクロソフトがSurface Pro4とSurface Bookを日本で初披露した際、Surfaceのマーケティングを担当するジェネラルマネージャーのブライアン・ホール氏を取材した。その取材で、ホール氏は「アップルが持つプレミアムパソコン市場におけるWindowsの存在感を示すために、Surface Bookを開発した」と話した。

Macのシェアが伸びているのは、新興国の平均所得が増え、高価な製品を購入しやすくなってきた点が大きい。所得の増加によって高級パソコンに手が伸びるようになり、それに伴ってMacのシェアが伸びている。今後もこの傾向は続くだろう。

ところがWindows搭載機の平均売価は依然として下がり続けている。日本ではVAIOが高付加価値パソコンへのフォーカスを明確にしているが、グローバルに見るとNECを含むレノボグループが、低価格路線と高付加価値路線を明確に分けて展開している例を除き、”プレミアム”と呼べるような商品開発は行われていない。

Surface Bookという製品が発表されたとき、その価格の高さ(日本での価格は20万4800~34万4800円)にも注目が集まったが、なにより話題になったのは、その特徴的なヒンジ構造などメカ設計の美しさや高級感溢れるデザインと妥協のないスペックだった。

次ページ”もっと先進的”なハードウェア
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。