「SurfaceBook」は何のためのパソコンなのか

マイクロソフトが高額パソコンを作る理由

ディスプレイ部とキーボード部は電磁アクチュエータで動作するロック機構(マイクロソフトは”マッスルワイヤー”と呼んでいる)で接続されており、切り離してタブレット端末として使えるほか、裏表反対に装着することでGPUやバッテリーを活かしつつ、1024段階の高精度なペンタブレット機能を活かした操作も行える。

3000×2000画素を持つ3対2の液晶パネルは、実に美しい。3対2という、一般的なパソコンよりも高さ方向のサイズが大きい縦横比のため、13.5インチというサイズながら15インチクラスのノートパソコンに近い縦方向の大きさが確保されている。

ここで”美しい”と表現しているのは、スペック上の数字が大きい、あるいはより鮮やかな色を表示できるという意味ではない。きちんと色再現特性を調整して出荷されているという意味だ。コントラストも高く、カバーガラスから表示部までの厚みも最小限にされている。

バッテリー持続時間は約13時間

ディスプレイ部とキーボード部は電磁アクチュエータで動作するロック機構で接続されている

その上で、上下を組み合わせたSurface Bookの重さは約1.57キロ。おおよそMacBook Proの13インチモデルと同等で、タブレット部だけで使う場合(マイクロソフトはクリップボードモードと名付けている)は約726グラムと軽量に仕上げた。

バッテリー持続時間は約13時間だが、実際に筆者が使った感覚でも10時間ぐらいは余裕で使える印象だった。

キーボード部は、いわば”ドッキングステーション”のような位置付けだが、バッテリを内蔵しているため、物理的な安定性は高くなる。そのため後ろに倒れ込むようなこともない。ただし、クリップボードモード時のSurface Bookにはオーディオ出力端子以外に、何も外部機器を接続するインターフェイスはなく、電源を接続する端子もない。あくまで一時的な利用に留まるモードと考えた方がいい。クリップボードモードでのバッテリー駆動時間は、おおよそ3時間程度しかない。

とはいえ、とても切り離しが可能とは思えないほど一体化したSurface Bookのデザイン、高性能を実現するためのGPU搭載とタブレットの軽快さを両立させる仕掛けは、今後のパソコン設計に一石を投じるだけの気合いを感じさせる。キーボードの打ち心地もよく、マイクロソフトが狙う”上質なパソコン”としても充分な風合いを備えている。

次ページアップルの領域に食い込めるか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。