アップルがMacとiPadを1台にしない理由

なぜマイクロソフト流の統合をしないのか

ブライアン・クロール・アップル副社長は「異なる役割のデバイスを、一緒に使ってほしい」と語る(撮影 : 尾形文繁)
東京を訪れていたアップルの副社長、ブライアン・クロール氏にインタビューした。同氏はソフトウェア部門のマーケティングを担当しており、Macを核とした実生活の中でのワークフローについて、その統合された体験について紹介。日本に特化した取り組みについても強調した。

ユニークな製品を組み合わせて使ってほしい

取材に応じるブライアン・クロール氏

アップルが新製品発表会の場でしばしば披露する1枚のスライドが話の出発点となっていた。左から、Apple Watch、iPhone、iPad、MacBook Pro、iMacと並ぶ5つの製品。

クロール氏はこのスライドを見せながら「1つずつがユニークな存在で、異なるカテゴリーや役割が存在している。1つずつの製品を完成させている。デバイスを統合するのではなく、一緒に使ってほしい」と述べた。

ハードウェアメーカーとしてのアップルは、できるだけ複数の製品を所有してほしいと考えるのは自然なこと。入り口がiPhoneだとしても、Apple Watchと組み合わせたり、iPadやMacを仕事に使う人を増やしたいと考えている。

次ページマイクロソフトを意識した発言?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT