アップルがMacとiPadを1台にしない理由

なぜマイクロソフト流の統合をしないのか

ブライアン・クロール・アップル副社長は「異なる役割のデバイスを、一緒に使ってほしい」と語る(撮影 : 尾形文繁)
東京を訪れていたアップルの副社長、ブライアン・クロール氏にインタビューした。同氏はソフトウェア部門のマーケティングを担当しており、Macを核とした実生活の中でのワークフローについて、その統合された体験について紹介。日本に特化した取り組みについても強調した。

ユニークな製品を組み合わせて使ってほしい

取材に応じるブライアン・クロール氏

アップルが新製品発表会の場でしばしば披露する1枚のスライドが話の出発点となっていた。左から、Apple Watch、iPhone、iPad、MacBook Pro、iMacと並ぶ5つの製品。

クロール氏はこのスライドを見せながら「1つずつがユニークな存在で、異なるカテゴリーや役割が存在している。1つずつの製品を完成させている。デバイスを統合するのではなく、一緒に使ってほしい」と述べた。

ハードウェアメーカーとしてのアップルは、できるだけ複数の製品を所有してほしいと考えるのは自然なこと。入り口がiPhoneだとしても、Apple Watchと組み合わせたり、iPadやMacを仕事に使う人を増やしたいと考えている。

次ページマイクロソフトを意識した発言?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。