アップルがMacとiPadを1台にしない理由

なぜマイクロソフト流の統合をしないのか

製品の統合に対する言及は、永遠のライバルであるマイクロソフトを意識したものだろう。タブレットとPCを統合するSurfaceシリーズに、Surface Bookを投入し、よりノートパソコンらしさを追究した「2-in–1マシンを完成させた。

これに対して、昨年秋からティム・クックCEOも、繰り返し「統合は中途半端になる」とのメッセージを送り続けており、MacとiPadの統合はないと明言してきた。クロール氏も「統合すると妥協が出てしまい、よいデバイスにならない」と、改めて統合へは否定的な意見を述べた。

「過去2年間、さまざまなプロダクトを作ってきて、顧客からの共鳴を得ている。iPhoneの浸透も、ブランドに親近感を覚え、われわれのメッセージを理解してくれるきっかけを与えた。その結果、オープンにMacを選んでもらえているのではないだろうか。実際、多くの人々が、Macの魅力を発見してくれている」

Macは、パソコン市場を10年間牽引

iPhoneの販売シェアが非常に高い市場である日本は、アップルがMacの販売拡大により取り組むべき市場であるとの戦略がわかる。

日本市場での具体的なMac販売台数については明らかにされていないが、IDC Japanのデータによると、2015年第3四半期は、過去5年間と比較してシェアが2倍に上昇したという。パソコン市場全体では20%を超えるマイナス成長を記録しており、相対的に販売シェアが向上する堅調さを見せる。

「Macは、パソコン市場を10年間牽引している存在」とクロール氏は説明する。かつて「Windows支配への反旗」という勢力図から、「世界を席巻するiPhoneを擁するアップルのコンピュータ」へと、その立場が変わった10年でもあった。

iPodのアイデンティティとなっていた白いイヤホンケーブルのように、街の中でのアイコンとなっている。クロール氏も、日本のスターバックスでたくさんのMacを見かける光景について、喜ばしく語っていた。

次ページ日本市場は軽視できない存在
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT